クリスマスとお誕生日が同じ子供のプレゼントやケーキは?

クリスマスとお誕生日が同じ子供のプレゼントやケーキってどうしていますか?

 

と言うかクリスマスとお誕生日が同じ日と言う子供はそうはいないかもしれません。

 

でも、同じだったり12月の24日に近かったりと言う子供も多い事でしょう。

 

そのような家庭ではクリスマスとお誕生日をどう区別しているのでしょうか?

 

同じにしている家庭もあるのではないのでしょうかね。

スポンサーリンク

クリスマスとお誕生日が同じ日

クリスマスとお誕生日が同じ日と言う人もいるでしょう。

 

自分がクリスマスとお誕生日が同じでいつも一緒になっていたと言う人もいるのではないのでしょうか?

 

本当のはクリスマスも誕生日もやってもらえればプレゼントもたくさんで嬉しいのに・・・・

 

 

もしかするとお誕生日会もクリスマス会も一緒だったとか、ケーキもクリスマスとお誕生日ケーキが一緒だったとかプレゼントも一緒だったと言う人がいるでしょう。

 

どうでしたか?

 

やはり、お誕生日は1年に1回の特別な日です。

 

別々がいいのではないのでしょうかね・・・・・・

 

とは言っても会をする側は大変ですけどね。

お誕生日会は?

クリスマスとお誕生日が同じの時、または近い時にはお誕生日会はどうしたらいいのでしょうか?

 

クリスマスとお誕生日が一緒ではなんだかおもしろくないのではないのでしょうか?

 

だからと言ってクリスマス会をやってその後にお誕生日会もしてとか、お誕生日会をしたばかりなのにもうクリスマス会となってもですよね。

 

やってもらう側は嬉しいかもしれませんが、お誕生日会やクリスマス会をする側は大変ですね。

 

準備しなくてはいけないのですからね。

 

とは言っても、子供が喜んでくれればそれはそれでいいのではないのでしょうかね。

 

お誕生日は1年に1回です。

 

特別な日なのでやはりお誕生日会もクリスマス会もやって楽しんだ方がいいのではと思います。

 

プレゼントは?

クリスマス、お誕生日のプレゼントはどうすればいいのでしょうか?

 

子供はサンタさんからもらえるプレゼントを楽しみにしています。

クリスマスのプレゼントとお誕生日のプレゼントを一緒にされてしまっては子供も面白くないでしょう。

 

せっかくのお誕生日とクリスマスの大イベントです。

 

なのに同じではなんだか損した気分ですよね。

 

親としては出費を考えてしまうと悩むところではあるかもしれませんが、クリスマスとお誕生日は一緒ではなくて別々のプレゼントにした方がいいでしょう。

 

子供がまだ小さい時には一緒にしてもごまかせてしまうかもしれません。

 

わからないでしょう。

 

でも、だんだん大きくなってくると分かってくるので一緒にはしないで別々にしてあげた方がいいでしょう。

 

もしくは、合わせていいものをなんて言う考えもあるかもしれませんけどね。

 

1年に1回の大イベントで子供も楽しみにしている事でしょう。

ケーキは?

クリスマスケーキとお誕生日のケーキはどうすればいいのでしょうか?

 

ケーキを何回もとなると食べ過ぎ!!

 

なんてことにもなる事でしょう。

 

さすがにケーキはってなるかもしれません。

 

でも、やっぱりケーキもお誕生日用の名前の書いてあるケーキでお誕生日おめでとうと言うのも嬉しいですよね。

 

クリスマスケーキとは別々に考えたいものでもあります。

 

ケーキが好きと言うならば全然大丈夫ですよね。

 

とは言ってもホールのケーキって安くもないです。

 

3千円くらいはします。

 

それを同じ日とか近い日に2つとなると金銭面でも厳しいかもしれません。

 

プラスお誕生日のプレゼントにごちそう作りとなるとお金がかかりますね。

 

どこか削れる部分を削ってお金をかけない部分を作ってみたり、ケーキを1回は手作りで安く済ませるなどなど工夫していくのもいいでしょう。

 

まとめ

クリスマスとお誕生日が同じ、または近い時にどうするのかとなるとやはり悩みますよね。

 

お誕生日会だったりクリスマス会、お誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、クリスマスケーキにお誕生日ケーキ、それぞれ別々にした方がいいのではないのでしょうか。

 

やはり子供もその方が嬉しいですよね。

 

お誕生日は年に1度の特別な日でもあります。

 

安く済ませたりなど削れる部分は削って工夫しながら別々に考えて子供が満足できるように考えるといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報