七五三の時期って大きく違う、外しても大丈夫なの?

七五三の時期って悩む方もいるでしょう。

 

必ず11月15日に行わなくてはいけないのかと考える人もいるでしょう。

 

七五三の時期っていつがいいのでしょうか?

 

時期を大きく外しても大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

七五三の時期を大きく外しても大丈夫?

七五三で時期を大きく外してもいいのでしょうか?

 

七五三は子供の成長を神様に報告していき今後の健やかな成長を祈願する気持ちが大切なのです。

 

なので極端に暑い時期や寒い時期を除いていけば大きく時期を外してしまっても問題は特にありません。

 

感謝の気持ちが大きいのです。

 

七五三の当日は神社を参拝したり、写真撮影があります。

 

また、食事会などパパとママ・子供達はみんな多忙な1日となります。

 

なので、「七五三のお参りと別の日にゆっくり写真撮影」という人が増えてきています。

 

お参りは11月になってから、写真はその前にと言うように別々の日にする人も増えています。

 

1日にお参りも写真撮影もとなると大変ですよね。

 

別々がおススメです。

 

小さな子供にとって着慣れない着物を着てと言うのは苦痛になる場合もあります。

 

長時間過ごすというのはかなり負担が大きいものです。

 

最初は嬉しいかもしれませんが、長時間は大変です。

 

また写真撮影も小さな子供だと待ち時間が長いと飽きてしまいます。

 

撮影の際にくずって大変だったという経験を持っている人もいるでしょう。

 

神社に関しては時期が外れると、少なくとも予約なしでの祈祷を受け付けていない場合もあります。

 

時期をずらしていくと言う場合には事前に神社に確認をとった方がいいでしょう。

 

この時期にお参りや写真撮影をしなくてはいけないと言う決まりは特別にはありません。

 

家族の都合に合わせて考えて子供の負担が少しでも減るようにしてあげましょう。

 

極端に寒い時期とか極端に暑い時期とならなければ時期を多少ならば外してもいいでしょう。

 

大雪の日にとなるとちょっとと言うようにその部分は考えればわかると思います。

 

「こんな時期に七五三?」

 

なんて浮いてしまうのもです。

 

常識内で考えてみればわかるかなと思います。

 

七五三のお参りと写真撮影の時期は?

七五三はかわいい子供の成長を祝う日でもあります。

 

 

七五三は一般的には11月15日に行います。

 

でも、この11月15日はとても混雑します。

 

11月15日の当日でなくてもこの前後になると神社は大変混雑します。

 

また、必ずしも11月15日が土曜日とか日曜日と言うわけではありません。

 

パパやママのお仕事の都合もあるでしょう。

 

と言うわけで必ず11月15日に七五三をするわけでもないのです。

 

その日にしないといけないと決まっているわけではありません。

 

この時期は一年の中でも過ごしやすく、また紅葉もちょうど見頃なシーズンですよね。

 

時期的にはとても良い時期です。

 

特別にこの日にと言うのはないので時期を変えても大丈夫です。

 

数え年・満年齢でお祝いする時期を選べるの?

数え年・満年齢どちらでも七五三のお祝いをしてもいいのです。

 

時期もですが、年齢も特別な決まりはありません。

 

特別に数え年でなくてはいけないとか満年齢でお祝いをすると言った決まりはないのです。

 

3歳のお祝いを数え年で行う場合は、満年齢でいうと2歳で七五三のお祝いをすると言う事になります。

 

どちらでもいいのです。

 

この時期の子供の成長は早いです。

 

2歳と3歳では体の大きさ、身長や見た目など1年で大きく変わります。

 

成長が著しいです。

 

なのでまだまだ幼い赤ちゃんの頃のあどけなさが残るうちに七五三のお祝いをして写真に残したいと言う時には、数え年でのお祝いと言う方もいます。

 

もう少し成長してからとなると満年齢という数え方になります。

 

七五三では、普段気慣れていない着物を着ての参拝や写真撮影をしていきます。

 

子供にとっては大変な時間になってしまうかもしれません。

 

子供が疲れてぐずってしまうのではないか、泣いてしまうのではないかと心配する場合はもう少し大きくなってからの満年齢の3歳になってからのお祝いが良いでしょう。

 

子供の様子や状況に合わせて決めていいでしょう。

 

まとめ

七五三の時期と言うのは余程時期外れでなければ時期を外したりしても大丈夫です。

 

春に早撮りと言うように写真撮影をしてしまうと言う方もいます。

 

暑い真夏に着物を着たり、大雪の日に着物を着ていたり余程の日でなければいいのです。

 

子供の負担も考えて日時、時期を考えていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報