七五三のお参りの日にちは大安がいいのか仏滅でも大丈夫なの?

七五三では子供の成長をお祝いしてこれからの成長も願っていくものでもあります。

 

七五三では、お参りもするでしょう。

 

そのお参りの日ですが、大安や仏滅を考えて日にちを決める必要があるのでしょうか?

 

それとも、特に気にしなくてもいいのでしょうか?

スポンサーリンク

七五三は11月15日の大安でも仏滅でも大丈夫?

七五三は、11月15日ではありますが、その日が必ずしも大安とは限りません。

 

七五三はもともと11月15日に祝っていませんでした。

 

 

特に11月15日とは決まっているわけではなくて11月の吉日を選んで神社に参拝していました。

 

11月15日に七五三が行われるようになったのは、旧暦の11月15日は鬼が出歩かない日でと言う理由でした。

 

11月15日と言うのは、何をするにも吉日であることが由来の1つでもあります。

 

その他の理由としては、徳川綱吉の長男・徳松のお祝いが15日であるからとも言われているのです。

 

と言う理由から11月15日が六曜で言う仏滅でも特に問題はないと言われています。

 

赤口でも良いです。

 

このように凶の日となっても問題はないのです。

 

とは言っても仏滅の日に七五三となると気になる人は気になるでしょう。

 

気になる方は六曜で良い日を選んでいくようにしましょう。

七五三と六曜について

七五三で大安とか仏滅を気にする人もいるでしょう。

 

吉日の11月15日以外の日にお参りに行く場合には、その日が吉日なのか気にするでしょう。

 

でも、七五三と六曜はあまり関係はありません。

 

凶日でも気にしない人は気にしないでしょう。

 

気になる人は気にするでしょう。

 

気になる場合には、日にちを選んでいく時に六曜で吉日にあたる日にお参りに行くといいでしょう。

 

吉日は、六曜の中で最も良い日とされる大安になります。

 

その他に吉日と言うと友引か先勝になります。

 

六曜の時間帯

六曜では時間帯もあります。

 

友引の場合は朝と夕方が吉になります。

 

正午は凶となります。

 

先勝についても吉なのは午前中のみだったりとなります。

 

時間帯も気になる場合にはお参りする時間帯についても考えてみるといいでしょう。

 

日が悪くても、時間帯によっては吉になることもあるのです。

 

時間帯について

 

・大安:「大いに安し」で終日吉日

 

・友引:昼は凶。午前、夕方、夜は吉

 

・先勝:午前中が吉、午後は凶。ただし午前中からはじめれば午後も吉

 

・先負:午前中は凶、午後から吉

 

・赤口:午前11時~13時までが吉、それ以外の時間は凶

 

・友引:午前11時~13時までは凶、それ以外の時間は吉

 

・仏滅:「仏も滅するような大凶日」で終日凶日

七五三で日の悪いと言われている六曜

六曜の中でお祝い事に良くないとされる日にちも実はあるのです。

 

仏滅、先負、赤口です。

 

でも、気にしなければしないでいいのです。

 

でも、両親のお仕事などの事情によって日にちが合わずにどうしてもこの凶にあたる日に七五三に行くことになる場合があります。

 

日にちは悪いとはわかってはいてもどうしてもその日でないとダメと言うようにお祝いごとに向かない日になってしまう事もあります。

日が悪いためお祝い事には向かない日ではありますが、やはり吉日と同じく時間帯をずらすことで対処することもできます。

 

先負の場合には吉となる午後の参拝をしたり、赤口の場合には吉となる正午にお参りするなどしていくといいでしょう。

 

仏滅に関しては1日大凶となってしまいます。

 

もし、可能であれば日にちをずらすといいでしょう。

 

反対に仏滅の日は、すいていると言う事も考えられるのであえてその日を選ぶと言う人も中にはいるかもしれません。

まとめ

七五三で大安や仏滅では特に気にしなくてもいいとは言いますが、やはり仏滅では終日よくないとされているので避けた方がいいとも言われています。

 

また、他のよくないと言われる日でも時間帯を考えていく事で大丈夫にもなります。

 

何よりも大安が一番ですけどね。

 

気になる人は気にして気にならない人は、都合の良い日を選んでいくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報