喪中期間の結婚式の出席など慶事はどうなの?

喪中期間に結婚式に呼ばれたらどうすればいいのでしょうか?

 

断るべきか、行くべきかと悩むでしょう。

 

また、自分が喪中なのにおめでたい席に行ってもいいのかななどなどと悩んでしまうでしょう。

 

喪中期間の結婚式や慶事などどうしたらいいのかお話ししていきます。

スポンサーリンク

喪中と結婚式が重なった時はどうするのか?

自分が喪中期間にあるときに、結婚式に招待されるというケースもあるでしょう。

 

結婚式と言うのは前から決まっていたもので結婚式に招待していく側も悩んでしまう事でしょう。

 

でも、喪中の友達や親族など招待すると言うのはないとは言えません。

 

喪中期間と結婚式が重なってしまったといきには、正しいマナーを持って対処していくようにしましょう。

 

そのマナーってなんでしょう。

 

喪中である時には、結婚式の招待を受けても、基本的には控えさせてもらいます。

 

とは言っても近年の傾向としては、忌明けのあとであれば、喪中の期間であっても行くケースも増えています。

 

なので行ってはいけないと言うわけではありません。

 

おめでたい結婚式への出席は可能となります。

 

四十九日間が忌中の期間です。

 

四十九日以降が忌明けになるので忌中の期間はさすがに避けた方がいいのですが、忌明けは行ってもかまいません。

 

でも、地方によってはこだわる人もいます。

 

また、先方が縁起を気にする人の場合だと百日過ぎまでは控えたほうが無難と言われています。

 

先方から、喪中期間でも構わないので出席して欲しいと言われたら、考えて参加してもよいです。

 

自分自身の気持ちもあるでしょう。

 

まだまだ結婚式なんて出られる気持ちでなければ無理に行かなくてもいいのです。

 

気持ちの整理がついたかどうかを考えて自分次第でいいのです。

 

とても行ける状況でなければ丁寧にお断りをしてもいいのです。

 

自分は喪中の期間ではあるけれども結婚式に参加して結婚式でお祝いしたい気持ちがあるかどうかを考えます。

 

考えて考えた末に出た結論として、たとえ喪中と結婚式が重なった場合には出席をしてもいいでしょう。

 

最近は服喪についても、昔ほどは厳格でなくなっているようです。

 

喪中の結婚式への出席は控えるのが原則的には基本ではありますが、忌明け後ならば喪中でも結婚式への出席は許されてされています。

 

可能となります。

 

※神道・神葬祭の忌明けは五十日祭です。

 

※仏教・仏式の忌明けは四十九日です。

 

神道の服喪期間であれ、仏式の喪中であっても最近では、少しずつ「しきたり」も変貌しつつあります。

 

でも、やっぱり相手方が「しきたり」をこだわったり、縁起を担いだりする方の場合だと問題があるかも知れません。

 

そう言う場合は、やはり仏式の百ヶ日を過ぎるまでは避けるほうが無難です。

 

丁寧のお断りをしてもいいのです。

 

喪中の期間の原則的禁止事項は?

喪中の期間の原則的な禁止事項についてです。

 

・忌明けまでの期間は祝いの席への出席は遠慮していく

 

・神社へのお参りは控える

 

・祝い事は自粛する

 

・翌年の年賀状、新年の飾り、年末・年始のあいさつ回りは中止

 

・地域により忌明けまで酒・魚肉類を控える

 

・地域により忌明けまで茶断ちする

 

以上の内容はあくまでも原則と言われています。

 

現在では緩和されています。

 

昔に比べて厳密ではないです。

 

その時の状況などによって変わってきます。

 

状況を見て現状を優先的に考えて判断していくといいでしょう。

 

喪中の期間とは?

喪中の期間は、以下のようになります。

 

喪中の期間は現在では仏教の忌日の考え方が一般的に普及していると言われています。

 

(喪中と忌中の違い)

 

・死後四十九日の忌明けまでを忌中としている

 

・死後一年間を喪中としている

 

※昔ほど服喪規定について社会が厳格ではなくなっています。

 

まとめ

喪中の期間中は基本的には結婚式などは控えた方がいいのですが、昔に比べて厳格でもなくなっています。

 

喪中の結婚式に出席は可能かとなると忌明け後であれば、自分の心が結婚式に出席しても大丈夫と言う心境ならば出席をしてもいいです。

 

お祝い出来る気持ちになっていれば喪中であっても出席しても良いとされています。

 

忌明けは五十日(仏式は四十九日)となっているので五十日祭以降であれば結婚式への出席は可能となります。

 

相手方次第でもあります。

 

縁起を気にしたり親族が気にするようならば控えた方がいいです。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報