喪中の時のクリスマス、飲み会、結婚式の参加は?

喪中の時ってこれはいいのかな、あれはどうなのかなと悩むことがあるでしょう。

 

クリスマス会や飲み会、結婚式などなどあるかもしれませんよね。

 

そんな時にどうしたらいいのでしょうか?

 

やはり、喪中の時には控えるべきでしょうか?

スポンサーリンク

 

喪中にクリスマスは祝っていい?

喪中の人がクリスマスを祝ってもいいのでしょうか?

 

 

まずは、クリスマスの捉え方の概念についてお話ししていきます。

 

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う日で、降誕祭と呼ばれています。

 

クリスマスと言うのは、クリスチャンにとっては大切な日でもあります。

 

日本では、クリスマスパーティーをしたり飾りを楽しみ楽しい一日を過ごしています。

 

クリスチャンは、教会で礼拝が行われ静かに過ごしていくのです。

 

クリスチャンにとって死は永遠のお別れではないと考えられています。

 

なので人は死んでも死後に再び神の国で会えると信じられているのです。

 

仏教信者は忌中、喪中は静かに故人を偲ぶ期間と考えられているのです。

 

なので、慶事やパーティーなどの出席は控えています。

 

結婚式などのお祝いごとには、喪中が開けてから行うようにしています。

 

仏教徒とキリスト教徒では死生観に違いがあります。

 

と言うわけで、過ごし方も大きく変わります。

 

クリスマスとは言っても亡くなった時期もあるでしょう。

 

亡くしたすぐ後だった時には、とてもクリスマス会と言う気分にもなれないでしょう。

 

クリスマスを賑やかに過ごすことに抵抗があるでしょう。

 

そういう時には、パーティーは控えたほうがいいでしょう。

 

クリスマスの本来の意味から考えると、クリスマスと言うのは、イエスキリストの誕生を祝うものです。

 

家族と共に静かに過ごす日でもあります。

 

元々は海外でのことではあるのですが、すっかり日本でも盛大に行われるクリスマスとなっています。

 

宗教的な考え方が色々あるので、それぞれでいいのではないのでしょうか。

 

喪中の方も故人を偲んで故人に縁ある人と共に静かに過ごすのがいいのではないのでしょうか。

 

控えめに行うのがいいでしょう。

 

喪中の友達を結婚式に招待してもいいのかどうか

結婚式はお祝いごとで喜びがたくさんです。

 

でも、喪中となると身内を亡くしてショックも大きい事でしょう。

 

そんな中、友達が喪中の時に結婚式に招待をしてもいいのでしょうか?

 

結婚式に招待することは悪くは無いと思います。

 

喪中の友達を招待してはいけない、非常識と言うのはありません。

 

招待はするものの出席をするのかしないのかは友達次第になります。

 

友達の状況や気持ちが一番ではないのでしょうか。

 

出席するかどうかはご本人の意思次第かと思います

 

一応喪が明けていないとお祝い事に出るのはタブーとされてはいます。

 

忌中の間は、結婚式は控えるべきではありますが、忌明けならば大丈夫なのです。

 

貴方が構わないとしても(例え喪があけていても)先方が気乗りしない事もあるかと思います。

 

是非出てもらえたら嬉しいと言う友達ならば一言添えた上でお誘いするといいのではないのでしょうか。

 

「こういった時期に申し訳ないのですが、もしご迷惑でなければ是非出席して頂きたいのですが…」

 

と一言添えた上で打診されてみてはいかがでしょうか。

 

でも、お葬式から余り時間が経っていない場合は止めた方がいいでしょう。

 

そして、あまりにもショックを受けているとか突然の不幸などなど。

 

身内を亡くした方は皆さん、気持ちは悲しみでいっぱいではあるのは当然ではあります。

 

相手の状況や様子を見て誘っても大丈夫そうならば声を掛けてみてはどうでしょうか?

 

結婚式の出席は?

結婚式に呼ばれることもあるでしょう。

 

喪中の時にはどうしたらいいのでしょうか?

 

喪中である時には、結婚式の招待を受けても、基本的には控えさせてもらいます。

 

とは言っても近年の傾向としては、忌明けのあとであれば、喪中の期間であっても行くケースも増えています。

 

なので行ってはいけないと言うわけではありません。

 

おめでたい結婚式への出席は可能となります。

 

四十九日間が忌中の期間です。

 

四十九日以降が忌明けになるので忌中の期間はさすがに避けた方がいいのですが、忌明けは行ってもかまいません。

 

でも、地方によってはこだわる人もいます。

 

また、先方が縁起を気にする人の場合だと百日過ぎまでは控えたほうが無難と言われています。

 

先方から、喪中期間でも構わないので出席して欲しいと言われたら、考えて参加してもよいです。

 

自分自身の気持ちもあるでしょう。

 

まだまだ結婚式なんて出られる気持ちでなければ無理に行かなくてもいいのです。

 

気持ちの整理がついたかどうかを考えて自分次第でいいのです。

 

とても行ける状況でなければ丁寧にお断りをしてもいいのです。

 

自分は喪中の期間ではあるけれども結婚式に参加して結婚式でお祝いしたい気持ちがあるかどうかを考えます。

 

考えて考えた末に出た結論として、たとえ喪中と結婚式が重なった場合には出席をしてもいいでしょう。

 

最近は服喪についても、昔ほどは厳格でなくなっているようです。

 

喪中の結婚式への出席は控えるのが原則的には基本ではありますが、忌明け後ならば喪中でも結婚式への出席は許されてされています。

 

可能となります。

 

※神道・神葬祭の忌明けは五十日祭です。

 

※仏教・仏式の忌明けは四十九日です。

 

神道の服喪期間であれ、仏式の喪中であっても最近では、少しずつ「しきたり」も変貌しつつあります。

 

でも、やっぱり相手方が「しきたり」をこだわったり、縁起を担いだりする方の場合だと問題があるかも知れません。

 

そう言う場合は、やはり仏式の百ヶ日を過ぎるまでは避けるほうが無難です。

 

丁寧のお断りをしてもいいのです。

 

喪中の飲み会は参加してもいいの?

喪中の時でも飲み会と言うのはあるでしょう。

 

 

相手は、喪中と分かっていて誘わないと言う場合もあるでしょう。

 

もし、飲み会があった時に行ってもいいのかダメなのか・・・・

 

日本において、1年以内に身内を無くした喪中の人は、派手なイベントや祝い事は避けると言うような風習があります。

この風習は昔からあります。

 

歴史的に見ても同じことが言えます。

 

なので喪中の間と言うのは控えていく必要があります。

 

神道においては、50日以内に身内をなくした忌中の人も、派手なイベントは避けていく傾向にあります。

 

忌中は死後49日ですが、喪中となると期間は1年間となります。

 

1年と言うと長いですよね。

 

その間に飲み会のお誘いは1年間断るのでしょうか?

 

1年の間飲み会があっても断り続けるのでしょうか?

 

とは言っても飲み会の参加して気持ちも切り替えていきたいものですよね。

 

飲み会に参加して気分転換をしても問題がないようにも考えます。

 

結論から言うと、喪中の飲み会に参加するかどうかは、本人の気持ち次第でいいのです。

 

「絶対にダメ!」

 

「飲み会はいけない!」

 

と言うようになるのは気分転換にもならないでしょう。

 

昔は、1年間喪中の間は人と会わないと言う話しもありました。

 

飲み会に関して、派手に騒ぎすぎるのは控えていき、穏やかに仲間たちとお酒を楽しむのは、非常識ではないでしょう。

 

四十九日である忌中に、もしも飲み会に誘われた場合にはお断りしたほうがいいでしょう。

 

この場合には、欠席を基本とする方が良いでしょう。

 

四十九日の間に誘う方も誘う方ですね。

 

この期間は断りましょう。

 

気持ち的にも飲み会に行く気にもなりませんよね。

 

強制出席であれば、事情を幹事に説明して、二次会以降は辞退と言う形でもいいでしょう。

 

その点は、十分にわかってもらえるようにしましょう。

 

一次会だけで、先に帰らせてもらうようにするのが適切です。

 

でも、余程の事がない限りは、四十九日の間は行きません。

 

その後の飲み会では参加してもいいでしょう。

 

まとめ

喪中の時でもクリスマスや飲み会、結婚式などなどありますよね。

 

そんな時にどうしたらいいのかと悩む方もいるでしょう。

 

亡くなってすぐとなると忌中で辞めた方がいいのですが、何か月か経った時には、気持ち次第でいいでしょう。

 

あまり大騒ぎしていくのは控えた方がいいのですが、でも参加は禁止とはならないので気持ちで判断していいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報