私製はがき・官製はがき・通常はがきの違い

はがきを出すときにいくつかのはがきの種類があると言うのをご存知ですか?

 

郵便局で売っているはがきがあったりお店で売っていたり観光地で売っていたりするものがあります。

 

また、切手を貼るものや貼る必要がないものもあります。

 

私製はがき・官製はがき・通常はがきと言うのがあり、その違いについて詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

私製はがき・官製はがき・通常はがきの違いについて

一般的に「はがき(葉書)」とは言ってもいくつかの種類があります。

 

はがきと言う言葉で一括りにされてはいますが、はがきの中には切手を買って貼らないと送れないと言うものや切手を貼らなくても送れるものがあります。

 

例えば、年賀状のはがきを購入するとそのまま切手を貼らずに出せます。

 

そういうはがきもあれば切手を貼らなくてはいけないものもあります。

 

私製はがき・官製はがき・通常はがきというのがあります。

 

そのはがきと言うのは違いがあるのでしょうか?

 

それぞれのはがきの違いについてお話ししていきます。

 

私製はがき・官製はがき・通常はがきの大きな違いと言うのはあるのでしょうか?

 

それぞれをお話ししていきます。

 

私製はがき

私製はがきとは、郵便局が販売している通常のはがきではありません。

 

独自で作ったはがきです。

 

自分で作ったものなどで主に観光地などで販売されています。

 

私製はがきを出していく時には、別途切手を購入する必要があります。

 

切手を購入して、はがきの左上に貼っていきます。

 

切手を購入しなくてはいけないのでそのままでは出せません。

 

切手を買う必要がない官製はがき・通常はがきと比べると料金は高くなってしまいます。

 

官製はがき

官製はがきは、切手を貼る必要はありません。

官製はがきは、もともと切手を貼る左上の場所に花など絵と料金が印刷されているはがきです。

 

切手を貼る必要がありません。

 

そのまま出していく事ができます。

 

でも、官製はがきは郵政事業を国が行っていた時代、郵政民営化前に使われていた言葉でもあります。

 

なので、実は、現在は「官製はがき」という言葉は使われていないのです。

 

郵政民営化によって作られた日本郵便になってからは「官製はがき」と言ういい方ではありません。

 

「通常はがき」または「郵便はがき」という言い方になっています。

 

郵便局ではがきを購入していく時に、

 

「通常はがきを下さい」

 

「郵便はがきを下さい」

 

と言うようになります。

 

郵便局では「通常はがき」という言葉で切手を貼る必要がないはがきが販売されています。

 

ヤフオクなどのオークションサイトでは現在でも「官製はがき」というタイトルで出品されています。

 

と言うわけで、通常はがきと言ういい方になってはいますが、「官製はがき」という言葉は消えてはいません。

 

「官製はがき」=「通常はがき」と考えていいのです。

 

通常はがき

通常はがきです。

官製はがきと同じと言うのはすでにお話ししていきました。

 

切手を貼る左上の場所に花など絵と料金が印刷されています。

 

切手を貼る必要のないはがきです。

 

郵便局では現在62円の通常はがきが3種類(ヤマユリ・山桜・胡蝶蘭)があります。

 

往復はがきは、1枚124円となって1種類(タンチョウ)が販売されています。

 

数年前に値上がりしていきました。

 

どちらも切手を貼る必要はありません。

 

はがきの料金を支払えばそのまま送ることができてしまいます。

 

切手を貼る必要がない通常はがきは郵便局の他でも売っています。

 

セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス・デイリーヤマザキ・ミニストップといったコンビニ、タバコ屋さん、スーパーなど幅広い場所で販売されています。

 

郵便局では上記の無地の通常はがきの他にもはがきが売っています。

 

料金が少し割高になる絵入りはがきもあります。

 

お正月に出すお年玉つきの年賀状も販売されています。

 

絵入りはがきと年賀状は通常はがきとは異なるものとなっています。

 

 

まとめ

私製はがき・官製はがき・通常はがきの違いがそれぞれあります。

 

大きな違いとしては、私製はがきは別途切手を購入する必要があります。

 

官製はがき・通常はがきは別途切手を購入する必要はありません。

 

いくつかの種類があります。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報