年賀状はがきの種類と値段は?

年賀状はがきの時期になりますね。

 

年賀状はがきには種類がいくつかあります。

 

年賀状を出すのはついつい遅くなりがちになってしまうなんて言う方もいるかもしれません。

 

早くに購入しておくと種類も選べます。

 

チェックして楽しみながら年賀状はがきを書いていけるといいですね。

スポンサーリンク

 

年賀状はがきの種類

年賀状はがきの種類にはいくつかあります。

 

年賀状はがきは、年賀状用のくじ引番号付き郵便はがきを言います。

 

例年11月頃に発行しています。

 

毎年、無地のはがき、インクジェット紙などがあります。

 

その他に寄附金付きのはがきや絵入りの年賀はがきもあります。

 

デザインや発行枚数は?

デザインや発行枚数などは郵便局のホームページに掲載されています。

 

日本郵便株式会社は、 2018 年 11 月 1日(木)から年賀関連商品として、年賀はがき、賀詞や絵柄があらかじめ印刷されている印刷済み年賀はがき「お手軽年賀はがき」「お年玉袋 」「年賀シール 」年賀状用「筆記具類」など全国の郵便局 (一部の郵便局と簡易を除く)で販売開始します。

 

との事です。

 

2018 年 11 月 1日(木)から発売開始

 

年賀状はがきの値段は?

 

2018年に販売される年賀はがきは、大きく分けると3種類になります。

 

年賀はがきのデザインや年賀はがきの質感が異なるものが何種類も用意されています。

 

早くに購入していった方が豊富にあり選べます。

 

だいたい、私は年末になってから慌てて購入していく方なので種類が売り切れと言う事も多いです。

 

なので、早目の方がいいでしょう。

 

好みの年賀状はがきを選んでいけるといいですね。

 

お年玉付き郵便はがき:1枚62円

 

インクジェット写真用:1枚72円

 

寄付金付お年玉付郵便はがき:1枚67円

 

お年玉付き郵便はがき:1枚62円

 

発行枚数が一番多いのはどの年賀状はがきでしょうか?

 

年賀状としてよく使用されるのは、お年玉くじが付いた郵便はがきです。

 

一般的な年賀はがきと呼ばれる単面無地ですね。

 

私も毎年、お年玉くじのついた年賀状はがきを購入しています。

 

最近ではキャラクターとコラボした年賀はがきが発売されるようになりましたよね。

 

かわいいデザインもあり、デザインのバリエーションが豊富にあります。

 

単面無地

一般的な郵便はがきと同じ質感のはがきです。

 

最も使用されているものでスタンダードはがきです。

 

古紙が40%配合(再生紙)されているはがきです。

 

ボールペンや筆ペンの書き心地も良く自由に年賀状を書いていけます。

 

うら面は無地です。

 

メッセージやスタンプなど自由にできるので色々な独自の年賀状を作成することができます。

 

くぼみ入り

目の不自由な方が、上下・表裏を容易に区別できるように左下に半円のくぼみが入った年賀はがきです。

 

インクジェット紙

インクジェットプリンタでの印刷ができる年賀はがきです。

 

うら面に対してコーティング加工が施してあります。

 

インクジェット紙と普通のはがきでは印刷した時に全然ちがいます

 

インクの滲みが少なく綺麗に印刷することができます。

 

主に家庭用インクジェットプリンタで利用すると言う人が多いのではないのでしょうか。

 

ディズニーキャラクター年賀、スヌーピー年賀(インクジェット紙)キャラクターとコラボした特別な年賀はがきです。

 

インクジェット写真用

 

インクジェット写真用は1枚72円になります。

 

写真がはいった年賀状を想定して作られた年賀はがきになります。

 

用紙自体に光沢感があります。

 

鮮やかな発色が期待でききれいな仕上がりになっていきます。

 

家庭のプリンターを使っての印刷では、染料系インクジェットプリンター専用となっているので注意していきましょう。

 

寄付金付お年玉付郵便はがき

 

寄付金付お年玉付郵便はがきは、1枚67円になります。

 

はがき1枚の購入につき、5円の寄付ができる年賀はがきとなっています。

 

集められた寄付金は公募から選ばれた社会貢献事業などの活動に配分され役立てられるようになるのです。

 

2018年発売の東京2020大会年賀はがき

 

2018年発売の東京2020大会年賀はがきと言うのがあります。

 

2020年のオリンピック・パラリンピックの準備及び運営に役立てられるものです。

 

販売している日本郵便株式会社は東京2020オフィシャル郵便パートナーです。

 

東京2020大会[寄附金付]年賀はがきのみ他券種より1か月早い発売となります。

 

2018年10月1日(月)から先行販売を開始しています。

 

郵便局の窓口で購入ができます。

 

1枚につき5円が寄附金となる寄附金付年賀はがきです。

 

東京2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会の公式マスコットである「ミライトワ」と「ソメイティ」のデザインになっています。

無地(インクジェット紙)絵入りの2券種は東京2020大会にちなんで各2,020万枚

 

特殊印刷は100万枚(3券種計4,140万枚)

 

東京2020大会[寄附金付]年賀はがきについて寄附金付年賀葉書(絵入り)を2種類発行しています。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式マスコットである「ミライトワ」と「ソメイティ」のデザインになっています。

 

この年賀はがきの寄附金は東京2020オリンピック・パラリンピックの準備及び運営に役立てられるようになります。

 

絵入り(全国版・1種類)

うら面に酉のイラストが入った年賀はがきです。

 

はがきに対して既にイラストが入っているので手書きのメッセージを添えるだけで新年のご挨拶にぴったりの年賀状を作ることができます。

絵入り(地方版・30種類)

北海道・東北・関東・東海・九州・沖縄などの地方ごとのほか、各都道府県にある風物のイラストが入った年賀はがきです。

 

その地方の特徴が伝わるので遠方の方へのご挨拶におすすめになります。

 

まとめ

年賀状はがきは、11月1日から発売されています。

 

東京2020大会年賀はがきは、10月1日から発売されています。

 

はがきの種類や値段もチェックしておいてください。

 

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報