衣替えで捨てられない洋服はどうする?

衣替えの時に着ない服ってありますよね。

でも、捨てられない服もあります。

 

そんな洋服をどうすればいいのでしょうか?

 

断捨離と言う言葉があり、思い切り捨てることができるのならばいいのですが、捨てるのにはもったいないとか捨てられない人もいるでしょう。

 

どうしたらいいのかお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

衣替えはいつからいつまで

まずは、衣替えっていつからいつまでしていけばいいのかをお話ししていきます。

 

最近は、季節が変わってきているように感じます。

 

夏は異常なほど暑かったり秋になっても気温が高かったり、異常なほど大雨が降ったりしています。

 

気温もいつまでも暑くて一昔前までの衣替えの時期と変わってきているようです。

 

衣替えっていつからすればいいのでしょうか。

 

冬から夏にかけての衣替え、暑い夏から秋にかけて衣替えの時期に悩みますね。

 

忙しい日々を送っている中で衣替えをするのもなかなか大変ではありますが、夏服、冬服はちゃんとにそろえておきたいものです。

 

いつまでも自分だけ夏の格好をしていてもだし、いつまでも厚着でもと言う感じです。

 

だいたいいつから衣替えをしていけばいいのでしょうか。

 

その人によって体感温度もあり、寒がりの人がいれば暑がりの人もいます。

 

「まだ早いかな~」

 

「そろそろ衣替えしないとな」

 

と人によって違うかもしれません。

 

昔から衣替えの日にちは決まっています。

 

夏:6月1日

 

冬:10月1日

 

この日にちが衣替えとなっています。

 

この日の前後何日間、または何週間で衣替えをしていきます。

 

 

学生服では、この時期に衣替え期間ともなっています。

 

この日にちの前後何日に衣替えをするように学校から手紙がきます。

 

夏は6月1日、冬は10月1日とあり、これが一般的なのですが、その前後でやっていくといいでしょう。

 

衣替えの適切な気温

衣替えの時期って気温が何度になったらやっていけばいいのでしょうか?

 

時期もありますが、気温も大きいのではないのでしょうか。

 

暑いのに長袖もおかしいですね。おかしいと言うか暑いですよね。

 

最近は、地球全体の温度が上昇しています。なので、秋、冬になっても気温が高かったりもします。

 

「前はこんなじゃなかった」

 

なんて思う事もしばしばあります。

 

衣替えの時期を考えて気温は、基本的には20度あたりに平均温度が落ち着いたらです。

 

この気温を境に夏服や冬服に衣替えという考え方でいいと思います。

 

冬に向けて最低気温「20℃」がいいとも言われています。

 

衣替えをしていく日にちと言うのはだいたい決まってはいますが、気温が目安になります。

 

秋の衣替えのタイミングのいい気温と言うのがあります。

 

最低気温「20℃」という境界温度があります。

衣替えで捨てられない洋服はどうするのか

衣替えをして捨てられない洋服をどうすのかとなり、

 

「だったらとっておけばいいでしょう」

 

「タンスにしまっておけばいいでしょう」

 

となればそれはそれでいいかもしれません。

 

でも、いつまでも着ない洋服をタンスに入れておいてもかさばるだけです。

 

何年も着ない洋服をタンスに入れておいてもどんどん増えてなかなかタンスの中は片付かなくなってしまいます。

 

やはり思い切って処分してしまうといいでしょう。

 

と簡単に言ってしまいますが、それができないから困っているんですよね。

 

そういう洋服、捨てられない洋服をどうすればいいのかと言うとやはりリサイクルショップに持っていったり誰かにあげたりまたは、メルカリやオークションで売ってしまうといいです。

 

メルカリでは結構、値段がつくと言います。

 

普通にリサイクルショップに持っていくのではブランド品などではない限り安く買われてしまいます。

 

それなのに、リサイクルショップって高く売ってたりするんですよね・・・・・・・

 

どちらかと言うとメルカリやオークションがいいかもしれません。

 

やり取りをしたり郵送したりとちょっと手間はかかるかもしれませんが、でも、いくらかの値段がつくと言うのは嬉しいので、多少の手間でもいいかもしれません。

 

タンスもスッキリするので嬉しいですよね。

 

とにかくワンシーズン着ない服とかいつまでもタンスの中に入れておいても着ない服と言うのがありますが、それは処分したほうがいいのです。

 

着ない服はいつまでも着ないでしょう。

 

捨てる

思い切って捨ててしまいます。

 

まとめて思い切って捨ててしまえばスッキリです。

 

誰かにあげる

子ども服ならばあげるのもいいかもしれませんが、大人の服だとなかなかあげられないと言うのもあるでしょう。

 

友達にあげて、一緒に遊んだ時に着てきたらあげたものだとなってもなんだかですね。

 

一緒に遊ばない時に着てくれるでしょう。

 

誰かにあげるのも捨てるよりずっといいとなります。

 

リサイクルショップ

リサイクルショップに持っていくと買い取ってくれます。

 

もし、値段がつかなくてもそのまま引き取ってくれるリサイクルショップも多いです。

 

捨てるよりもずっといいとなる人も多いでしょう。

 

ブランド品でなければかなりの安値にはなってしまいます。

 

金額はあまり期待しない方がいいです。

 

メルカリやオークション

簡単に出品が出来て比較的売れやすいです。

 

メルカリでは手数料がついたりして引かれてしまいます。

 

でも、少し高く売れるので期待できます。

 

あまり高くしていかない方がいいです。

 

多くの人が注目して見ています。

 

フリーマーケット

定期的に開催されているフリーマーケットのチェックをして出していくといいでしょう。

 

 

安くなってしまいますが、楽しみながらできます。

 

家の中で着ない洋服を探して出品して楽しみながらやっていきましょう。

 

場所代をとられてしまうところもあるのでチェックしていきましょう。

 

まとめ

衣替えで着ない洋服をいつまでもタンスの中に入れておくのはかさばるだけです。

 

捨てられないで困っているかもしれませんが、色々と手段はあります。

 

捨てるのはもったいないけれども誰かにあげたりリサイクルショップやメルカリやヤフーオークションなども色々と手段はあります。

 

着ない服はしまっておかないで片付けていきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報