年賀はがきが余った時にどうする?郵便局で交換してもらえるの?

年賀状が余った時ってどうしていますか?

 

年賀状が余ってしまっても使いようがなかなかないですよね。

 

買いすぎてしまったとか間違えてしまったとかそういう事もあるでしょう。

 

年賀状が余った時にどうするのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

年賀状が余った時にどうする?

年賀状を買ったけれども予定より多過ぎて余ってしまったと言う事があるかもしれません。

 

または、間違えてしまったと言う事もあるかもしれません。

 

もしくは、年末に突然、身内の不幸があったと言う事もあるかもしれません。

 

そんな時にはどうしていますか?

 

年賀状が余ってしまっても困ってしまいますよね。

 

年賀状が余ってしまった時には、実は郵便局で交換してもらえるのです。

 

詳しくお話ししていきますね。

年賀状の交換について

誤購入や年賀状購入後、身内に不幸があってと言う事もあります。

 

事情で年賀状を出せなくなってしまった場合には、交換してもらう事ができるのです。

 

年賀状が出せなくなってしまった場合に他のはがきと無料で交換してもらえるのです。

 

誤購入や年賀状購入後の交換と言うのは、年賀はがき販売開始から終了日までに限ります。

 

手数料無料で切手や郵便はがきに交換できるのです。

 

それ以外の時には手数料を支払って交換してもらえます。

 

でも、昨年の余った年賀はがきは、今年の年賀はがきへの交換は無料ではできません。

 

書き損じはがきと同じ扱いとなってしまいます。

 

余ったはがきは、懸賞や寄付に活用するという手段もあります。

 

書き損じたはがきはそのままにしたり捨てないで郵便局に行き交換してもらうといいでしょう。

 

切手類等の交換手数料

切手類等の交換手数料についてです。

 

郵便切手・通常はがき

 

1枚につき 5円

 

往復はがき・郵便書簡

 

1枚につき 10円

 

特定封筒(レターパック)

 

1枚につき 41円

10円未満の郵便切手や郵便はがき

 

合計額の半額

 

それぞれ手数料が違います。

 

通常の年賀はがきは手数料が5円となります。

年賀はがき等の無料交換について

年賀はがき等の無料交換は特別な事情の場合のみ無料になります。

 

近親者の不幸による服喪のため、利用できなくなった時にお年玉付き年賀はがき・寄附金付きお年玉付き年賀郵便切手については、無料で通常切手類と交換できます。

 

・お年玉付き年賀はがき(四面連刷、インクジェット紙、くぼみ入り、寄附金付きを含みます。)

 

・寄附金付きお年玉付き郵便切手

 

・通常切手(弔事用切手を含みます。)

 

・通常はがき、往復はがき(その他の郵便はがき)

郵便書簡

 

特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

 

特殊切手およびお年玉付き郵便はがき・切手は対象となりません。

交換方法

無料交換期間は、手持ちのお年玉付き郵便はがき等の販売開始日から販売期間終了日までです。

 

簡易局を除くすべての郵便局で可能で交換できます。

 

服喪であることを伝えていきます。

 

窓口に備え付けの請求書に請求される方の住所、氏名および亡くなられた方との続柄等を書いていきます。

 

年賀状はいつまでに出すの?

年賀状は、12月25日までに投函すると元日に届くといわれています。

 

それ以降に出しても届くときもありました。

 

あくまでもこれは私の場合です。

 

でも、友達も25日以降に出して届いたとは言ってましたけどね。

 

松の内(一般的には1月7日まで)以降は寒中見舞いとなるため、遅くても松の内まで、理想は元日、できれば三が日のうちには届くよう準備しましょう。

 

通常はがきを使う場合は、「年賀」と朱書きを入れず投函すると、年内に配達されてしまうのでご注意しなくてはいけません。

配達前の時には、誤って投函した年賀状を取り戻すこともできます。

 

詳しくは、直接年賀状を出した郵便局窓口まで問い合わせるといいでしょう。

 

まとめ

年賀状を間違えてしまう事もあるでしょう。

 

そんな時には、郵便局に行けば交換してもらえます。

 

年賀はがきは5円で交換してもらえます。

 

私も前は知らなかったのですが、知ってからは交換してもらうようにしました。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報