若い人の年賀状離れについて、今は出さない若者が多いの?

年賀状の時期になりましたが、最近は年賀状を出さないと言う若者が増えていると言います。

 

若い人の年賀状離れがあると言います。

 

今は、SNSなどもあるので気軽に相手と連絡が取れて新年の挨拶も出来てしまいます。

 

そんな若い人の年賀状離れについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

若い人の年賀状離れについて

若い人は年賀状を出さない人が多いと言います。

 

若い人はメールで済ましがちになってしまいます。

 

年賀状を出さない若者も多いと言います。

 

携帯電話は多くの若者は持っています。

 

今では携帯でラインもあるので普段からそれでなんでも済まされてしまいます。

 

スマホやインターネットが身近な存在になっているので若者が年賀状を送らなくなってきたといわれています。

 

いいのか悪いのか、昔からあったものが消えていくような気はします。

 

ラインやメールならお金も手間もかからず、気軽に送ることができるからです。

 

年賀状だとお金も罹ります。

 

でも、デジタル化が進んでいる今の時代だからこそ直筆の年賀状をもらうと嬉しいと思うのではないのでしょうか?

 

今の時代、なかなかわざわざ書いて年賀状を送ると言う人は少なくなっているのが事実なのです。

 

年賀状離れですね。

 

とは言っても、社会人として働いている人は、上司や先輩に対しては年賀状を出した方がいいでしょう。

 

お世話になったことのお礼と、新年からまたよろしくお願いしますという挨拶が必要でしょう。

 

若いからこそ上司に対して年賀状をきちんと書いて送るということは必要で上司に対しての印象もよくなります。

 

学生時代は年賀状を書いたことがなかったと言う人も社会人になったら書いていく必要があるのではないのでしょうかね。

 

年賀状を印刷に出した場合は、印刷だけでは味気ないので直筆で一言添えておくとより好印象を与えることが出来ます。

年賀状で日頃の感謝を伝えよう

年賀状は1年に1回のものです。

 

年賀状というのは、日頃お世話になっている人やお世話になった人に対して送るものでもあります。

 

新年の挨拶、昨年はお世話になったことに対するお礼を述べるためのものです。

自分の近況報告やその人との関係を維持するためのものでもあります。

 

それこそ年賀状でつながっているだけと言う人もいるでしょう。

 

年賀状は年に一回だけのやりとりです。

 

でも、その一回に気持ちを込めて書くことでなかなか会えない人とも繋がることができます。

 

1年に1回の年賀状で近況の報告も出来ます。

 

「元気にしてるんだ」

 

と言うのがわかります。

メールでもいいのですが、やはり自分の字で自分の言葉で書いた年賀状というのは貰ったほうも気持ちがいいのではないのでしょうか?

 

もらって出していないから書かなくてはいけない、面倒、ラインで済ませておこうなんて言う人も中にはいるでしょう。

 

それではなんだかですね・・・・・・・

 

年賀状は印刷に出せば自分で作る手間は省けます。

とは言ってもそこに一言直筆で言葉を添えるだけで気持ちが相手に伝わるのもです。

 

年賀状の良いところだと言えます。

 

年賀状作成は?

今は、年賀状の作成は印刷をしたりお店に頼めばすぐに出来てしまいます。

やはり自分で用意して送るのが面倒という人は、オンラインで注文するのが簡単です。

 

今や年賀状もインターネットを利用してオンラインで申込みができるようになっています。

 

本当に便利な時代になりましたよね。

取り扱い店舗も多くあります。

 

ショップごとにサービスの内容も色々とあります。

 

デザインを作成して年賀状に印刷するだけで宛名までも印刷し投函までしてくれるサービスもあるのです。

 

これでは何もしないで出せてしまいますね。

 

でも、一筆はほしいものです。

パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットからでも注文ができるので、忙しい合間をぬって年賀状を注文することも可能です。

 

まとめ

若者の年賀状離れが出ています。

 

出さない若者も多いです。

 

と言うのはメールやラインでできちゃうからです。

 

でも、やはりお正月と言えば年賀状と言うのもあります。

 

出していけるといいかなとは思います。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報