喪中はがきはどうやって作るの?注文?自分で作る?

喪中はがきを出さなくてはいけないとなると嬉しくないです

でも、その年に身内を亡くした時には出すと言う方が多い事でしょう。

 

そんな喪中はがきではありますが、どうやって作るのでしょうか?

 

注文するのか自分で作るのか分からない迷うと言う方もいるでしょう。

スポンサーリンク

「喪」について

「喪(も)」とはどういう意味なのでしょうか?

 

身内、親族がなくなった時にその死を追悼し、ハレに関するお祝いごとなどを避ける一定の期間をさす言葉を言います。

 

喪に服する(服喪・忌服)とも言います。

 

その期間を「喪中」と呼ぶのです。

 

一般的に「喪中はがき」と呼ばれているものは、正式には「年賀欠礼状」と言います。

 

ご存知でしたか?

 

「服喪中なのでおめでたい新年の挨拶を控えること」をお知らせするために送るのが喪中のハガキです。

 

喪中であると言う事を知らせるだけの訃報のはがきと思われがちでもあります。

 

でも、違うのです。

 

本来は「喪中のため、今年は新年のご挨拶を失礼させていただきます」という趣旨の挨拶状になるのです。

 

この点を勘違いしないように考えていきましょうね。

 

なので、喪中と言うのを知っている人には出さなくてもよいと言う考えとは違います。

喪中ハガキはいつ出す?時期は?誰に出す?

喪中ハガキをいつ出すといいのでしょうか?

 

喪中ハガキは、相手が年賀状を準備する前の、10月下旬、11月初旬頃から遅くとも12月初旬には届くように用意するとよいでしょう。

 

10月下旬頃だとまだ早いかなとも思うので11月半ば頃に出すのがちょうどいいかなと思います。

 

先方が年賀状を投函した後に喪中はがきが届くことのないように気を付けましょう。

 

12月に入りだすとすでに年賀状を出してしまったと言う事もあるでしょう。

 

遅すぎないようにしましょう。

 

年賀特別郵便の取り扱いが始まる前までがマナーになります。

 

12月に不幸があって喪中はがきの準備が間に合わない場合は仕方がないですね。

 

焦らなくても大丈夫です。

 

年始に松の内が明けてから寒中見舞いで報告していくようにしましょう。

 

喪中はがきは、例年年賀状を出している方や葬儀に参列していただいた方にも送ります。

 

双方が喪中でもこちらが出す前に喪中はがきをいただいた場合にも出していきます。

 

仕事上のお付き合いで故人と面識のない方や、気遣いをさせたくない方には喪中は知らせなくてもいいのです。

 

例年どおり年賀状を送る場合もあります。

 

喪中ハガキを出す範囲は?

喪に服する近親者の範囲はどこまでなのでしょうか?

 

一般的に、自分を中心に一親等(父母・配偶者・子)、二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)の親族が亡くなったときになります。

 

1親等は親と子

 

2親等は祖父母・孫・兄弟姉妹

 

3親等は伯父(叔父)・伯母(叔母)・甥・姪・曽祖父母・曾孫

 

兄弟は2親等の血族、その奥様は2親等の姻族となります。

 

兄弟の子供は、3親等の血族です。

 

血族とはその名の通り血の繋がりのある親族です。

 

姻族とは血の繋がりのない義理の親族を言います。

 

3等身とは言っても付き合いの深さによっては喪に服しても問題ないです。

 

でも、それ以外でも喪に服したい意向がある場合は、喪中はがきを出してもいいのです。

 

基本的には、喪中とする本人の気持ちが一番です。

 

最近では同居しているかどうかで決める人もいるようです。

 

親戚や地方のしきたりによってもそれぞれ違うのでそれぞれの慣習に従いましょう。

 

年賀状について喪に服す期間は、一律一年間というのが通例となっています。

スピード

スピードに関してですが、私が注文した喪中はがきの印刷は非常に早かったです。

 

早すぎて驚きました。

 

私がお願いしたところはこちらです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

年賀状印刷ならネットスクウェア

 

色々と探してどうなんだろうと迷いましたが、とてもきれいに仕上がり早かったです。

 

とにかく早いの一言です。

 

注文をして、翌日には仕上がりましたのメールが届いていました。

 

あっという間に仕上がりました。

 

今からでもまだまだ間に合います。

 

きれいさは?

喪中のはがきをネットで注文するのと自分で作るのはきれいさはどうでしょうか?

 

やはりきれいとなるとネットの注文です。

 

どうしてきれいさが自分で作ってないのにわかるの?

 

と言われてしまいそうですが、ちょっと失敗がありまして、数枚ほど自分で作ってみました。

 

筆まめがあったのでそこから選んで作成していきました。

 

印刷をしていくと即、ネットで注文したほうが数倍もきれいと言うのがわかりました。

 

もらった側としてはきれいな方がいいですよね。

 

失敗してしまったのが何とも残念でした。

 

枚数は?

失敗を考えると枚数は数枚ほど多い方がいいです。

 

と言うのが自分がそういう経験をしたからです。

 

数枚ほど足りなくなってしまい、さらに宛名を印刷した時に予期せぬ失敗が生じてしまいました。

 

これは困った、出す人を削るかとか色々と考えましたが、やはり出さなくてはとなりせっかくネットでお願いしたのにさらに自分で作るなんてなんでと思いましたが、数枚ほど作りました。

 

なので枚数は、予定数よりも数枚ほど多い方がいいです。

 

足りなくなるよりも余った方がまだいいです。

 

これは自分の経験からでした。

 

追加注文もできないわけではなかったのですが、追加で注文すると返って高くなってしまいます。

 

僅かな枚数なのに高くなってしまうのです。

 

これではちょっとと思い、やはり自分で作ったのです。

 

価格は?

価格に関しては、ネットで注文したほうがかかるでしょう。

 

自分で作ればはがき代だけで済みます。

 

でも、印刷していくのにインク代はかかります。

 

とは言ってももともとインクが印刷機に入っていてまったく新しくすると言うわけではなければインク代もそんなに罹らないでしょう。

 

となると自分で作った方が安く済みます。

 

ネットで予約すると早い時期では割引率もいいです。

 

早ければ早いほど安く仕上がります。

 

家族連名で出す場合、自分だけで出す場合となる事もあるでしょう。

 

そんな時にはまとめて申し込みの割引もあります。

 

私も主人と私の名前で出した分と自分の名前だけで出した分で2通り注文しました。

 

早割りの分とまとめて注文の分で安くなりました。

 

デザインは?

デザインに関しては、ネット注文の方が豊富です。

 

自分で作成した喪中はがきは枚数が少ないです。

 

もっと探してみれば色々とあったのかもしれませんが、自分の持っている筆まめは少なかったです。

 

でも、ネット注文では色々とデザインがあるので迷いました。

 

注文するまでにちょっと時間がかかってしまいました。

 

でも、デザインは豊富で、一つ一つ拡大して見ていけるので自分の好きなものを選べます。

 

文章は?

文章も決まっているものの中からネット注文では選ぶことができました。

 

自分で作成した筆まめももともとの文章はあったので、文章はどちらも困りませんでした。

 

だいたい形式が決まっているのですぐに決まりました。

 

誰が亡くなったのか、何歳で亡くなったのか、名前などネット注文では簡単に打ち込むことが可能でした。

 

自分では、一つ一つその部分は、文章から打ち込んだのでネット注文に比べるとちょっと面倒でした。

 

まとめ

喪中はがきは嬉しいものではありません。

 

でも、身内が亡くなった年には出していくとなるでしょう。

 

ネット注文なのか自分で作るのか考えてみて下さいね。

 

記事が参考になればです。

 

10月の末から12月の初旬までに出していくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報