セーターのチクチクは嫌い!解消法と対処法は?選び方

個人的にはセーターってあまり好きではありません。

 

と言うのは、セーターのチクチクが嫌いだからです。

 

なんだかセーターを着ているとチクチクしてきます。この解消法や対処法はないのでしょうか?

 

また、セーターの選び方で違ってくるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

セーターのチクチクは嫌い!

セーターのチクチクは嫌いと言う人は、私だけではなくて他にも多いのではないのでしょうか?

 

セーターを着ると首の回りや体中がチクチクして痒くなる。

 

チクチクしてまでセーターを着たくないと思ってしまうかもしれません。

 

それは当然ですね。

 

でも、やっぱりセーターは暖かいので着たいと思う方もいるかもしれません。

 

セーターのチクチクが解消できたらいいですね。対処法もあればいいです。

 

また、セーターの選び方で違うのでしょうかね。

 

私も何枚かセーターを持っています。セーターのチクチクをなくすための解消法や対処法をお話ししていきます。

 

洗剤や柔軟剤

セーターを着る時に洗濯の方法も大きいです。

 

洗剤や柔軟剤も重要です。

 

柔軟剤で柔らかくするといいのです。

 

既に購入していて一度着てみたらチクチクするというセーターは、一度洗濯していきましょう。

 

中性洗剤で手洗いをした後、柔軟剤を使ってふっくらと仕上げていきます。

 

柔軟剤には、ウール繊維の毛先を柔らかくする効果があります。

 

なので、着る前に一度柔軟剤を使っていくとチクチク感が軽減していきます。

 

でも、洗剤や柔軟剤が残っていると言うのもよくありません。

 

セーターを着たときの肌荒れやかゆみを引き起こす原因としては、セーターの繊維の中に洗剤や柔軟剤が残っていると言う場合もあるのです。

 

そうすると肌荒れの原因にもなっていきます。

 

セーターを着ていき、肌がチクチクすると、かゆみやただれといった皮膚炎を起こしやすくなります。

 

セーターを着ていく事でセーターが直接肌に触れた部分がかゆくなってしまいます。

 

そして、赤い発疹を引き起こしてしまう事もあるのです。

 

最初は、

 

「何だろう?」

 

「何かアレルギーかな?」

 

などと思う人も多くいるでしょう。

 

せも、アレルギーの場合だと着用後1週間ほどたってから症状が出てくると言われています。

 

セーターを着用したその日に症状が出ると言うのは、アレルギー以外の原因が考えられます。

 

それはまたアレルギーとはちょっと違う症状でしょう。

 

アレルギーの症状が出てきた場合には、皮膚科などの受診をしていくといいでしょう。

 

摩擦の軽減

摩擦を軽減していくといいでしょう。

 

摩擦を軽減させる方法としては、いくつかあります。

 

その中で摩擦の軽減方法としては、静電気防止スプレーがおすすめです。

 

静電気防止スプレーを使うことで摩擦が軽減されていきます。

 

その為、静電気防止スプレーを使う事で肌が受けるダメージも少なくなります。

 

首元や袖口に静電気防止スプレーを使う事で特に効果があると言われています。

 

静電気防止スプレーを使っていると脱ぐときにも静電気が少なくなります。

 

あのピチピチと言うのが軽減されていくでしょう。

 

タグを外す

タグを外していきます。

 

タグと言うと

 

「値札?」

 

と思うかもしれませんが値札のタグだけではありません。

 

セーターの生地の部分だけでなくてブランドタグやサイズ、素材が表示されたタグの部分がかゆいという場合には、タグも外しちゃいましょう。

 

全部をカットしていく事でチクチクからの解消法になります。

 

カットした後に短くついているタグの角もチクチクの原因です。

 

そういったものもないようにきれいにカットしていく事でチクチク感を軽減することができます。

 

でも、タグは外したくないとか取りたくないという人もいるでしょう。

 

タグを外したくないと言う方は、他の布でタグの部分を覆い隠すように縫いつけるといいです。

 

でも、ちょっと面倒ではありますけどね。

 

でも、タグを外したくない場合にはそうする方法もいいでしょう。

 

洗濯はすすぎを丁寧にしっかりとしていく

洗濯をした時のすすぎも重要です。

 

すすぎをしすぎて縮んでしまっては困りますけどね。

 

洗濯をする時には、念入りにすすぎを行いましょう。

 

洗剤や柔軟剤が繊維の中に残っているとセーターのチクチクの原因にもなります。

 

チクチクから解消をしたい場合には洗濯にも気を使っていきましょう。

 

保湿をしっかりする

セーターがチクチクする原因としては、肌の乾燥も考えられます。

 

肌が乾燥しているとチクチク感も出てしまいます。

 

セーターの刺激を受けないようにするためには、しっかりとした保湿も重要です。

 

肌の乾燥を防いでいくことで摩擦も起こりにくくなっていきます。

 

日頃から保湿を心がけていきましょう。

 

入浴後等にクリームをたっぷりと塗っていき、保湿をしていきましょう。

 

肌の乾燥には十分気を付けていきましょう。

 

肌が乾燥していると悪影響です。

 

セーターを着るのは、寒い季節になるので私たちの肌も、寒くなると乾燥しがちになってしまいます。

 

乾燥した肌と言うのは、ウールの少しの摩擦でも刺激を受けてしまいます。

 

かゆみを引き起こしてしまいます。

 

痒いのはつらいですよね。

 

痒くてかきすぎて肌荒れの原因にもなってしまいます。

 

また、汗が刺激となると言う場合もあります。

 

ウールは通気性に優れた素材ではあるのですが、混合ウールの場合は汗を溜めこみやすいといわれています。

 

通気性が悪くなると痒みの原因にもなってしまいます。

 

汗がジメジメとこもってしまってもいけません。

 

少しの刺激でも敏感になってしまいます。

 

ウールのチクチクした刺激は強いです。痒みの原因にもなってしまうのです。

 

また、セーターを着る時には、直接セーターが肌に触れないようにするといいです。

 

セーターのチクチク感を防ぐためには、肌に直接セーターを触れさせないようにすることが大切です。

 

そのままセーターではない方がいいです。

 

素肌の上からセーターを着るのではなく、Tシャツやタンクトップなどの上からセーターを着るといいでしょう。

 

そうすることでセーターのチクチク感を抑えることができます。

 

Tシャツやタンクトップなどのアンダーシャツには、肌に優しいシルクやコットン等がおススメです。

 

より暖かく快適に過ごしていけますよね。

 

では、セーターの選び方もあるのでしょうか?

 

セーターの選び方でもチクチクしていくかいかないのかと言うのがあるのです。

 

では、どのようなセーターがいいのでしょうか?

 

選び方についてお話ししていきます。

 

繊維の細かいものを選ぶ

繊維の細かいものとは言っても難しいかもしれません。

 

どうやって繊維の細かいものを選べばいいのでしょうかね。

 

肌にチクチクするウールは、繊維の太さが原因の一つでもあります。

 

それを解消するためには繊維の細いウール素材を選ぶようにしていくといいのです。

 

ウール素材のひとつ「メリノウール」は13~19ミクロンというものがあります。

 

このメリノウールは、繊維が細く、柔らかいため多くの衣類に使用されています。

 

セーターを購入する際には、メリノウール100%などの繊維の細いものを選ぶといいのです。

 

ここはセーターを選ぶときの一つのポイントです。

 

繊維の太さについて

チクチクするセーターの多くは、ウール素材のものです。

 

ウールと言うのは羊の毛の繊維のことを言います。このウール繊維の太さが関係していきます。

 

一般的には30ミクロンの繊維が5%以上入っているセーターは、肌にチクチクと刺激出てしまうと言われています。

 

ウールの繊維の太さと言うと16ミクロン~40ミクロンです。

 

それを見分けていくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

実際に手で触ってみると分かりやすいです。

 

ゴワゴワしているかどうかを調べてみましょう。

 

実際に触ってみてゴワゴワしていれば繊維も太めのものが多いです。

 

なので、肌に刺激を感じやすくなってしまいます。

 

素材が重要

素材重視でセーターのチクチクが解消されるでしょう。

 

暖かいセーターを着たいけれどもチクチクが嫌いと言う人もいるでしょう。

 

そういう人は、チクチクしない素材を選ぶといいでしょう。

 

特にコットンやリネンといった自然素材を混合したものは摩擦が少ないです。

 

なのでお肌にも優しいのでいいです。

 

でも、コットンやリネンといった自然素材を混合したものは、ウールのようなふわふわ感はありません。

 

何よりも一番のおすすめはカシミヤ100%でしょうね。

 

セーターのチクチク感から避けたいと言う人は、カシミヤ100%です。

 

でも、高いですけどね・・・・・

 

また、洗濯をすると縮みやすいので取り扱いには注意が必要となります。

ポリエステルもおすすめ

化学繊維・合成繊維でできているポリエステルは、シワにもなりにくいです。

 

多くの服にも使用されている素材でもあります。

 

ポリエステルは、肌への負担も少ないです。

 

また、洗濯もしやすく乾きやすいのでとても扱い易く便利でもあります。

 

良い事ばかりではなくデメリットもあります。

 

デメリットと言うのは、吸収性が今一つで静電気が起こりやすいというのがあります。

 

素材を重視して選んでいく事でセーターのチクチクから解消でき対処も出来るでしょう。

 

まとめ

寒い時期になるとセーターを着たくなりますね。

 

でも、セーターはチクチクするので嫌だと言う人もいるでしょう。

 

そんなチクチクからは解消されたいもので色々と対処していく事で心地よく快適に着ていく事が可能になります。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報