初詣はいつからいつまで行くの?混雑する時間帯は何時?

初詣に行く方も多い事でしょう。

 

1年の願いを込めて出掛けてお参りしていく事でしょう。

 

そんな初詣ですが、いつからいつまで行けばいいのでしょうか?初詣に行く時期と言うのはあるのでしょうか?

 

また、初詣と言うと混雑が予想されます。

 

混雑を避けていきたいものですが、どの時間帯がいいのでしょうか?日時などもお話ししていきます。

スポンサーリンク

初詣の意味

初詣にはどのような意味があるのでしょうか?

 

一つ一つに意味があるので知っておきお参りしていくといいでしょう。

 

初詣は、神社やお寺や寺院などに、初めて詣でる事を言います。

 

詣でる=自分の意志で行く事

 

「行こうと誘われた」

 

「毎年行ってるから行かないといけない・・・・」

 

などなど誰かに誘われて、家族に言われてと言うのではなくて自らの気持ちでいく事が大事です。

 

自らの思い出初詣に行きます。

 

参ると言うのは、呼ばれて行く事になります。

 

自分の意志で神社などに行き、きちんと参詣していき挨拶をして、今年も良い年になりますように、健康に過ごせますようにと自分から行くことに意味があるのです。

 

初詣に行くのはいつ?

初詣にはいつ行くといいのでしょうか?

 

初詣に行く期間と言うのは決まっているのでしょうか?

 

・除夜の鐘を聞きなが年をまたいで行く

 

・1月1日になってからその日のうちに行く

 

・正月三が日のうちに行く

 

などなど初詣に行く時期、日時はその家庭によってさまざまではないのでしょうか。

 

では、実際にはいったいいつまでに行けばいいのでしょうか?

 

初詣はいつまで行けばいいのと迷うところではないのでしょうか。

 

初詣は、元々は元旦詣といって元旦に参拝するものでした。

 

と言うわけで今でも、元旦に行くという方が一番多いのではないのでしょうか。

 

元旦に行けなくても三が日中に行ければいいのではないのでしょうか。

 

三が日が過ぎてしまうと

 

「まだ行ってもいいのかな・・・」

 

と思ってしまうのではないのでしょうか。

 

1月7日までに行けばいいと言われています。

 

1月7日は松の内になります。

 

松の内までにと覚えておくといいでしょう。

 

大晦日から1月7日の松の内までがいいです。

松の内とは?

松の内までにとは言っても松の内と言うのはどういうものなのでしょうか?

 

少し説明しておきます。

 

松の内は、門松やしめ飾りなどを飾っておく期間を言います。

 

一般的に1月7日までとされています。

 

それを松の内と呼んでいます。

 

お正月飾りなどを外していく時には、

 

「お正月が終わるんだな」

 

と言う気持ちになりちょっぴり寂しいですね。

 

お正月は、家族や親せきが集まり賑やかに過ごしていく方も多い事でしょう。

 

そんな賑やかなお正月が終わってしまいます。

 

松の内は、地域によっては日にちの違いがあります。

 

地域によっては、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという所もあります。

 

自分の住んでいる地域はどうなのかを確認しておきましょう。

 

初詣の混雑のピークは?

初詣で混雑は覚悟した方がいいのですが、特に混雑していく日時についてお伝えしていきます。

 

人気のある神社は特にすごい混雑していきます。

 

12月31日22:00~元旦3:00頃にかけては人気のある神社などは非常に混雑が予想されます。

 

元旦には少しだけ緩和され1月1日11:00~18:00頃は狙い目と言えば狙い目です。でもまだまだ混雑はしている事でしょう。

 

混雑は覚悟していきましょう。

 

三が日の朝9:00~15:00頃の時間帯は混雑が予想されます。

 

混雑を避ける時間帯

混雑をなるべく避けていきたいものですよね。

 

初詣の混雑回避の時間帯はいつ頃なのでしょうか?

 

元旦の朝は早朝がやや回避されます。

 

4:00~7:00頃がいいかもしれません。

 

1月2日以降は早朝6:00~8:00頃の時間はややすいているようです。

 

また、夕方17:00時以降もねらい目です。

 

1月4日以降は少しずつすいていきます。

 

少しでも混雑を避けたい場合は、やはり大晦日カウントダウンの前後を避けましょう。

 

三が日を過ぎてからがいいかもしれません。

 

松の内の1月7日までの間に参拝していくようにしましょう。

 

まとめ

初詣はいつからいつまでと言うと大晦日から松の内の1月7日がいいです。

 

もし、その時期に行けなければその後でもいけないと言うわけではありません。

 

混雑していく時間帯もあるのでその時間帯はなるべく避けたいものですよね。

 

寒い中、待つのもと言う方も多い事でしょう。

 

でも、どうしても混雑は避けられないかもしれないのである程度は覚悟した方がいいですね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報