ゾフルーザ錠は子供も飲めるの?何歳から?

インフルエンザの新薬が出ました。

 

インフルエンザの新薬は、ゾフルーザ錠です。

 

ゾフルーザ錠は、今までの特効薬と違い効果も期待できると言われています。

 

そのゾフルーザですが、子供も飲めるのでしょうか?

スポンサーリンク

ゾフルーザとは

ゾフルーザの新薬は、子供でも処方されるのでしょうか?何歳から飲めるのかなどお話していきますが、まずは、ゾフルーザについてまずはお話しておきます。

 

ゾフルーザ錠は、2018年3月に保険適用となった錠剤タイプのインフルエンザの処方薬です。

 

塩野義製薬株式会社が開発したものです。

 

ゾフルーザ錠には2種類あります。

 

・ゾフルーザ錠10mg

 

・ゾフルーザ錠20mg

 

用量は年齢や体重に応じて処方されます。

 

ゾフルーザは今までにない新薬として、今シーズンは多くの患者が処方されています。

 

自らゾフルーザを処方してくださいという患者さんもいると聞きます。

 

今までの抗インフルエンザ薬であるタミフル・リレンザ・イナビルとは違います。

 

タミフル・リレンザ・イナビルは、細胞に感染したウイルスが細胞外に出るために必要な「ノイラミニダーゼ」という酵素の働きを邪魔することでインフルエンザの増殖を抑える薬でした。

 

ゾフルーザ錠の有効成分は「バロキサビル マルボキシル」です。

 

インフルエンザウイルスが体内で増えるために持っている酵素の働きを邪魔することで、インフルエンザウイルスの増殖をおさえることができます。

 

ゾフルーザ錠は今までにない新しい作用の抗インフルエンザ薬となっています。

 

今までの薬にはない効果が期待されています。

 

ゾフルーザは、たった1回飲むだけなのです。

ゾフルーザは口から飲む錠剤タイプでたった1回だけ飲めば済むのです。

 

非常に利便性が高く、飲み忘れも防げて簡単に治療が終了していきます。

 

そして、辛いインフルエンザの症状も緩和してくれるのです。

 

タミフルが1日2回、5日間の服用が必要となりますが、ゾフルーザ錠は、子供でも飲みやすいです。

 

とは言っても錠剤なので錠剤が飲めないと厳しいです。

また、季節性インフルエンザAとインフルエンザBの両方で効果がある治療薬です。

 

A型だけとかB型だけと言うわけではありません。

 

両方のインフルエンザに対応してくれるのです。

 

子供でも服用可能

ゾフルーザは、子供も飲めるインフルエンザの治療薬です。

ゾフルーザは成人だけでなく、子供でも服用可能なのが特徴です。

イナビルなども子供の服用が可能でしたが、イナビルは子供にとって吸入が難しかったのではないのでしょうか。

 

デメリットがありました。

飲む薬ではタミフルはよく知られていますが、タミフルは小児用のドライシロップがあります。

 

新生児も服用可能ですが、5日間、毎日2回の服用が必要なのです。

 

そして、副作用に関するニュースもありました。

 

なので不安を抱いている人も多いのではないのでしょうか。

 

子供も飲めるゾフルーザ錠

ゾフルーザは子供も大人も誰でも飲んでいけます。

 

とは言っても乳幼児からみんなが飲める薬と言うわけでもありません。

 

では、どのような子供が飲めるのでしょうか?

 

12歳以上

12歳以上から飲んでいけます。

 

年齢によって量が変わります。

 

12歳以上の場合には、通常、ゾフルーザ錠20mgを2錠を1回飲んでいきます。

 

体重により飲む量も変わります。

 

体重が80kg以上の方ではゾフルーザ錠20mgを4錠を1回飲んでいきます。

12歳未満の子供

12歳以上だけではなくて12歳未満の子供も飲むことはできます。

 

ゾフルーザ錠は、12歳未満の子供も飲むことが出来ます。

 

小さな子供の場合には、抗インフルエンザ薬が必要で錠剤がきちんと飲めるという場合のみです。

 

しっかりとに飲めると医師が判断した場合に限ります。

 

通常は、12歳未満の子どもの用法・用量は体重によって変わります。

 

回数は、子供も大人も同じですべて1回の使用で治療が完結します。

 

体重別の量

 

40kg以上:ゾフルーザ錠20mgを2錠

 

20kg以上〜40kg未満:ゾフルーザ錠20mgを1錠

 

10kg以上〜20kg未満:ゾフルーザ錠10mgを1錠

 

 

10キロ以上の子供という事になります。

ゾフルーザは体重が10kg以上なら12歳以上の子供でも服用可能なのです。

 

錠剤が苦手な子供さんでも1回飲めば済むこの薬は、親御さん的には飲ませやすいのではないのでしょうか。

 

メリットに感じる部分が多々あるのではないのでしょうか?

 

私は、子供の頃、薬が大っ嫌いでした。

 

薬が苦手な子供にとっては1回だけとは言っても錠剤を飲むのは厳しいところでもあるでしょう。

 

そんな薬が苦手な子供の気持ちがよくわかります!!

 

この薬が発売されたことで、インフルエンザ診療の幅が広がることが期待されますね。

 

でも、全くの新規有効成分なので、まだ使用経験が乏しい薬であるというので不安も感じている人は多いのではないのでしょうか。

 

私の子供も今シーズンにインフルエンザになり、ゾフルーザ錠を飲んでいきました。

 

翌日には熱が下がり、あまりにも効果があったので驚くばかりでした。

 

「大丈夫なのかな・・・・」

 

と不安も残りました。

 

臨床試験では見られなかった副作用など、新たな問題が出てくる可能性はゼロではありません。

 

インフルエンザ対策の救世主となる可能性を秘めた新薬ではありますが、今後の使用に関して本当に安心して使えるのかと言う部分が気になるところでもあります。

 

ゾフルーザ錠の副作用

新薬という事で副作用が気になるところでもあります。

 

ゾフルーザの副作用はどうなのでしょうか?

 

 

ゾフルーザは、副作用が少ないと言われています。

 

ゾフルーザ錠の特徴として副作用の報告が少ないと言われています。

 

とは言っても副作用がないわけでもないのです。

 

主な副作用には「下痢」があると言われています。

 

臨床試験ではゾルルーザ錠、有効成分の入っていない偽薬(プラセボ)、オセルタミビル(タミフル)をそれぞれ使用したグループで比較したところ、ゾフルーザ錠を使ったグループは他よりも下痢の発現が低いという結果が出たとは聞きます。

 

その他の副作用としては、頭痛、肝機能の検査値異常が報告されているそうです。

 

下痢、頭痛、肝機能検査値異常等が現れることがありますという記載も処方されたときにもらった紙に書いてありました。

 

また、このゾフルーザにはジェネリックはありません。

 

とは言っても他の抗インフルエンザ薬に比べて副作用の少ない薬と言われているので安全性も高いようです。

 

未成年者の異常行動についてタミフルでは心配されていましたがどうなのでしょうか?

 

メーカーの臨床試験では、異常行動につながる副作用は確認されていないと言います。

 

とは言ってもインフルエンザのときの異常行動は抗インフルエンザ薬のせいでもないようです。

 

インフルエンザそのものによる症状によるものも考えられるのです。

 

子供・未成年者がインフルエンザになった場合は、ゾフルーザの使用に関わらず、少なくとも治療開始後2日間は子供・未成年者が一人にならないように家族が配慮するようする必要があります。

 

娘がインフルエンザになりゾフルーザを処方されました。39度以上あった熱が翌日には36度8分に下がっていました。

 

でも、下痢をしました。

 

ゾフルーザの副作用なのかなとも思いました。

 

まとめ

ゾフルーザは、子供でも飲むことは可能です。

 

主に12歳以上ではありますが、12歳未満でも錠剤が飲める場合には処方されると聞きます。

 

10キロ以上の子供で、錠剤が飲める場合には飲んでもOKという事になります。

 

次々とインフルエンザの特効薬が出てきています。

 

インフルエンザと聞くと慌ててしまうかもしれませんが、慌てずに落ち着いて対応していきましょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報