バレンタインデーの各国での違いは?

バレンタインデーは男の子も女の子もドキドキの一日かもしれません。

 

バレンタインデーは日本と他の国とでは違いがあります。

 

バレンタインデーの各国での違いについてお話していきます。

スポンサーリンク

 

バレンタインの意味は?

バレンタインとかバレンタインデーとか言いますが、日本では、バレンタインとバレンタインデーは同じ意味です。

 

通常のバレンタインデーでは、女性から男性へ愛を告白する日という認識が一般的でもあります。

 

でも、その考え方と言うのは、各国で若干違いがあります。

 

諸外国では性別を特定されていないのです。

日本では、本命チョコとか友チョコ、義理チョコなどなどとあります。

 

本命の人にチョコを渡す以外にも日本では感謝の気持ちを表すものとして義理チョコや友チョコなど気軽に渡すことがあります。

 

バレンタインデーは大変でもあります。

 

チョコを1つ用意すればいいのではなくて、何人もの人に渡さなくてはいけないのです。

 

会社などでも恒例になっているようです。

 

お返しも大変ですね。

 

でも、日本以外の国では義理チョコを恋人以外に渡すということは浮気と思われてしまうことがあるのです。

 

友チョコとか義理チョコとかそういうのはないようです。

 

浮気と判断されては困りますね。

でも、日本だけが世界の認識と違うのかという事になるとそういうわけではありません。

 

他の国々がすべて同じというわけではありません。

 

国によってバレンタインの意味が違うのです。

 

バレンタインデーの由来

バレンタインデーの由来は何でしょうか?

バレンタインデーはカトリックが由来となっています。

 

バレンタインデーの日は、宗教によっては全く何もしない人もいます。

 

各国の考えもあったり宗教の考えもあったりでバレンタインデーの日に何かを誰かに贈るということが失礼にあたる場合もあると考えられています。

 

また、友チョコとか義理チョコというものもありません。

国によっては厳しく取り締まっているところもあります。

 

イスラム圏では取り締まりの過激化が進んでいます。

 

そんな中、多くの人が隠れてバレンタインの日にチョコを渡しているとも聞きます。

 

ヒンズー教もバレンタインを禁止しています。そのためにバレンタインイベントの妨害などが行われたりします。

 

バレンタインデーは、その国によって習慣も違い国により宗教の違いもあり様々なのです。

 

日本では、クリスマスのようなもののようで、欧米では、また意味が違います。

 

「恋人に贈り物をする日」

 

「恋人たちの日」

 

という意味を持つ国が多いようです。

バレンタインの海外の習慣は?

バレンタインとは言っても各国ごとに違いがあります。

 

国の代表的なバレンタインの習慣がそれぞれあるのでお話していきます。

アメリカやカナダ

アメリカやカナダのバレンタインは男性・女性どちらからあげてもいいのです。

 

特に女性からと言うようには決まっていません。

 

日本とは違い男性から贈ることが多いです。

 

また、渡していくものは、チョコではなくてカードや花束が一般的です。

 

地域によっては、学校でバレンタインデーパーティーを行うというところもあるようです。

 

子どもはクラスのみんなでカードやキャンディなどを交換していき盛り上がります。

フランス

フランスでは、恋人たちのおまつりの日となっています。

 

フランスでは、日本と違い男性から女性への贈り物が一般的です。

渡していくものはチョコではなくてお花が多いです。

 

「あなたを愛します」という花言葉の赤いバラを送る男性が多く、とても売れるそうです。

 

イギリス

イギリスでは本命のカップル同士が贈り物をしていきます。

 

カードを交換したり食事をしたりと言うのが一般的です。

 

でも、男性からのアプローチが多く、女性側が何もしないという方が多いようです。

直接に渡していくのではなくて男性から女性に匿名で花束とカードを送るのが伝統でもあります。

 

名前を書かなくても誰からもらったかがわかるというのです。

 

そういうのがまたいいのかもしれません。

イタリア

イタリアでは、恋人同士が一緒に過ごす日でもあります。

 

男性がデートプランを考えたりプレゼントを用意していきます。

 

イタリアでは、バレンタインの日にプロポーズする人も多いと言います。

 

朝から男性も女性もドキドキですね。

恋人がいない場合は普通に過ごしていくようです。ちょっと寂しいですね。

ドイツ

ドイツでは、カップルや夫婦のイベントでもあります。

 

カップルや夫婦のパートナー同士で楽しんでいきます。

 

告白したり、思いを伝えるという日ではなく、すでにお付き合いをしている人が対象なので残念ながら付き合っていない男女は対象ではありません。

 

日本のクリスマスみたいですね。

 

オーストラリア

オーストラリアでは、カップル同士で贈り物をしていきます。

 

とは言っても女性が用意するのはカードくらいです。

女性でも男性でも意中の相手に贈り物をすることもあります。

日本では友チョコや義理チョコなど女性が会社の男性にチョコレートを贈りますが、オーストラリアでは一般的ではありません。

 

フィリピン

フィリピンでは、バレンタインデーにはフィリピン政府が合同結婚式を主催しています。

 

この習慣は、人気が高まっています。

 

なので参加するカップルは数百以上とも言われ盛り上がっています。

メキシコ

メキシコでは、愛と友情の日とされています。

 

カップルの場合には、一緒に食事をして恋人との時間を楽しく過ごしていきます。

 

タイ

タイでは、男性から女性にプレゼントを贈っていきます。

 

日本とは違い男性からと言う国が多いですね。

 

バラとくまのぬいぐるみのセットが多いと言われています。

 

くまのぬいぐるみ、かわいいですね!!

ブラジル

日本では、2月14日ですが、ブラジルでは6月12日が恋人の日です。

 

縁結びの聖人である聖アントニウスの命日の前日になります。

 

バレンタインの日と言うのは特別に何かするという事もなくあまり盛り上がりません。

 

中国

中国でバレンタインデーは「情人節」と言われています。

 

だんだんと広がってきていています。

 

近年では、都市部に広がりつつあります。

 

中国のバレンタインは、他の国と同じように男性から女性へ贈り物をする日となっています。

台湾

台湾では、2月14日だけがバレンタインデーではありません。

 

2月14日の他に旧暦7月7日もバレンタインデーになっています。

 

と言うわけで年に2回あります。

 

男性が花を贈る習慣があります。

 

花の本数によって大きな意味があります。

 

1本:「あなただけですよ」

 

99本:「永遠に」

 

100本:「結婚してください」

 

本数ごとに意味があるのです。素敵ですね!!

韓国

韓国は唯一、日本とほぼ同じです。

 

女性から男性へ贈ります。

 

手作りする人はあまりいないようです。

 

日本と同じようにホワイトデーもあります。

 

バレンタインデー、ホワイトデーの他に4月14日にブラックデーというものがあります。

ブラックデーと言うのは、バレンタインに寂しい思いをした男性が、自分を慰めるために鍋を食べる日となっています。

 

黒い服を着た若い男性同士で食べに行ったりもするという日で何とも寂しい日ですね。

 

まとめ

バレンタインデーは、各国で色々と違いますね。

 

女性から男性に愛の告白をしていくのは、日本と韓国ぐらいですかね。

 

男性から女性という方がいいような気もします。

 

なんとも各国によって違うので他の国の習慣も興味があります。

 

日本はチョコが主流ですが、他の国ではお花やカードが一般的のようです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報