春をイメージする色は何色?

春をイメージする色ってどんな色でしょうか?

 

その季節によってイメージする色があることでしょう。

 

もちろん、その色でなければいけないというわけではありません。

 

人によって色のイメージは違うでしょう。

 

でも、だいたい、春と言うとイメージしていく色というのはだいたい同じ、似たような色をイメージしていくかもしれません。

 

春をイメージしていく色についてお話していきます。

スポンサーリンク

 

春の色のイメージ

春の色のイメージはどんな色になるのでしょうか?

春は、寒い冬を乗り越えてようやく暖かくなっていきます。

 

春と言うのは、出会いと別れの季節でもあります。

 

卒業があったり、入学があったりとでお別れや出会いがあります。

 

春と言うのは新しい環境になっていき、新たな物事がスタートする始まりの季節でもあります。

 

そんな、春と言うのは、期待と不安が入り混じった時期でもあるでしょう。

 

ウキウキしたりと不安を感じてピリピリ感があったりと色々な感情があることでしょう。

 

春をイメージしていく色として、春の色はピンクや黄緑などのパステルカラーでもあります。

 

やはり、ピンクと言うのは、春になると桜が咲いていきます。

 

そんな桜のピンクをイメージしていくものでもあります。

 

春は、あたたかくてやさしい春の日差しのイメージとしてもぴったりの色です。

 

黄色のイメージがある方もいるでしょう。

菜の花のような黄色も、新鮮で前向きな気持ちを表す春らしい色としてイメージされていきます。

春をイメージさせる色

色を聞いて春をイメージさせる色についてどんな色があるでしょうか。

・若葉が芽吹いた新鮮な黄緑色

・菜の花やタンポポのようなフレッシュな黄色

・桜や桃の鮮やかなピンク

などになります。

 

春になると環境が大きく変わる人も多く、春になると世界が明るくなったように感じます。

 

フレッシュで、これから何かが始まると言ったような明るい色をイメージしていく方も多い事でしょう。

色のイメージに特別に正解と言うのはありません。

 

あなたの春の色のイメージはどんな色ですか?

 

その人によって違うのは全然OKな事です。

春の色と言うとパステルカラー全般が思い浮かびます。

春といえば黄緑色と桃色と言うイメージの人が圧倒的に多いようです。

 

若い葉っぱや桜のイメージでパステルカラー全般が思い浮かんでいきますが、その色が浮かばないという方も不正解となるわけではないのでご安心ください。

お雛様の緋もうせんの赤をイメージしていく人もいるでしょう。

春の色と聞いて真っ先にお雛様の赤をイメージしていく人もいるのですが、その赤は、緋もうせんの赤なんです。

 

北海道は桃の節句の頃はまだまだ寒いです。

 

その地域によっても違います。

 

春と言ってもまだまだ寒い地域もあるでしょう。

 

実際の春の桜のような暖かい淡い色が出てこないなんて言う人もいるでしょう。

 

白やグレーの冬のイメージをする人も中にはいるでしょう。

 

暖かい感じもあればまだまだ寒いイメージもあります。

 

春と聞いて何を思い浮かぶの?

春と聞いて何を思い浮かべますか?

春と聞いて思い浮かべるのは、桜の花びらや淡いピンク、黄色、黄緑などでしょう。

 

寒い冬を乗り越えて暖かくなっていく春。

 

春は何もかもが新しくなってスタートするというイメージもあるでしょう。

 

希望や期待、不安や憂鬱なんていう人もいるかもしれません。

夜桜がとっても綺麗で舞い散る、桃色の花びらを思い浮かべる人もいるでしょう。

春のイメージとして明るく軽く優しい色がたくさん浮かんできます。

春の色は大好きと言う人もいるでしょう。

 

まとめ

春をイメージしていく色には色々とあります。

 

桜や桃の、ピンク、菜の花やたんぽぽの黄色、葉っぱの黄緑、白い花、薄紫の花などなど色々とあります。

 

明るく軽く優しい色がたくさん浮かびパステルカラーも多いでしょう。

 

好きな季節は春と言う人も多いかもしれません。

 

春と言うのは、出会いと別れの季節でもあります。

 

春一番が吹いたりして風が強いわ、花粉は飛ぶわで、厳しい季節でもありますが、でも、過ごしやすい時期でもあります。

色々な色のイメージがあるでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報