喪中ハガキを出す時期はいつ?

年末になると年賀状を出していく時期でもあります。

 

でも、その年に身内の不幸があった場合には喪中のハガキを出していくようになります。

 

喪中ハガキは出す時期っていつがいいのかなど詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

喪中ハガキを出すのはどこまで?

喪中ハガキを出していくにはどこまでとなるのでしょうか?

 

喪に服するのはおじいちゃん、おばあちゃんのどこまでとなるのか。

 

身内の不幸と言っても誰までが喪中となるのか。

 

どの続柄まで喪に服すべきかよく分からないと言う人も少なくはないでしょう。

 

続柄によって実は、喪中の期間も異なるのです。

 

兄弟や祖父母、孫などの2親等までを一般的には喪中と考えていきます。

 

では、3親等の場合は絶対に喪中にしてはいけないのかとなるとそういうわけではありません。

 

1親等は親と子

 

2親等は祖父母・孫・兄弟姉妹

 

3親等は伯父(叔父)・伯母(叔母)・甥・姪・曽祖父母・曾孫

 

兄弟は2親等の血族、その奥様は2親等の姻族となります。

 

兄弟の子供は、3親等の血族です。

 

血族とはその名の通り血の繋がりのある親族です。

 

姻族とは血の繋がりのない義理の親族を言います。

 

3等身とは言っても付き合いの深さによっては喪に服しても問題ないです。

 

喪中期間は?

喪中期間についてです。

 

両親や義父母は13カ月

 

子供が3カ月から1年

 

祖父母や兄弟姉妹は3カ月から半年

 

このような期間が一般的な基準です。

 

喪中ハガキを出す際は、例えば2親等の親族が亡くなった場合は喪中期間が短いです。

 

なので、1年の前半に不幸があった場合には年末には喪が明けていると言う事も考えられます。

 

この喪中に関しては、人それぞれの考えもあるかもしれません。

 

喪が明けない早い時期に年賀欠礼の知らせである喪中ハガキを出すのは控えるべきでもあります。

 

喪が明けていても年末に喪中ハガキを出すか、年賀状を通常通り書くかを自分で判断しましょう。

 

喪中ハガキは誰に出すの?

喪中ハガキを送るのは、誰に出せばよいのか迷うこともあるでしょう。

 

すでに喪中であることを知っていると言うならばいいのかとなります。

 

喪中ハガキを誰に出すのかは、毎年年賀状をやり取りしている相手がいいです。

 

身内の不幸をすでに知っている親族に対しては出さないケースも多いようです。

 

出しても出さなくてもマナー的には出しても構わないのです。

 

基本的には、故人とどれだけ交流があった相手なのかというのもあるでしょう。

 

どのような関係であったのかと言うのを考えて出していくか出さないかを決めていきましょう。

 

故人のみ付き合いがあった相手には葬儀で喪主を務めた人物が喪中ハガキを出すと良いと言います。

 

遺族の場合は、故人に関係のない相手や、不幸を知らせる必要のない相手であれば通常通り年賀状を出しても問題はないとは言います。

 

でも、喪中の年は出さないと言う方が多いのではないのでしょうかね。

 

喪中ハガキを出す時期

年賀欠礼の挨拶状である喪中ハガキは早い時期に出すのは控えたほうがいいです。

 

だったらいつ出せばいいの?と迷ってしまうかもしれません。

 

一般的には10月中旬から11月下旬までの時期と覚えておくといいでしょう。

 

あまりに早い時期に喪中ハガキを貰っても、一般的に年賀状を書く時期である12月頃には忘れてしまう可能性があります。

 

喪中ハガキを受け取る側の事情も考えていきましょう。

 

早すぎても忘れられそうで遅すぎては、すでに出してしまったとなってしまいます。

 

相手が年賀状を書き始める少し前の時期に出すのがいいです。

 

相手があなたに年賀状を出してしまった後では慌てさせてしまうので気を付けましょう。

 

まとめ

喪中ハガキはあまりいい話しではないので出したいものではありません。

 

でも、その年に身内の不幸があったと言う方もいるでしょう。

 

喪中ハガキを出していく時期としては、一般的には10月中旬から11月下旬までの時期と覚えておくといいでしょう。

 

遅すぎても相手が焦ったりします。

 

早すぎず遅すぎずです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報