喪中ハガキはいつ出す?時期は?誰に出す?

年末と言えば年賀状の時期ですね。

 

でも、その年に身内をなくしてしまった方もいるのではないのでしょうか。

 

喪中の方は、喪中のハガキを出していくでしょう。

 

その喪中のハガキについてわからない事もあると思います。

 

お話ししていきます。

スポンサーリンク

「喪」について

「喪(も)」とはどういう意味なのでしょうか?

 

身内、親族がなくなった時にその死を追悼し、ハレに関するお祝いごとなどを避ける一定の期間をさす言葉を言います。

 

喪に服する(服喪・忌服)とも言います。

 

その期間を「喪中」と呼ぶのです。

 

一般的に「喪中はがき」と呼ばれているものは、正式には「年賀欠礼状」と言います。

 

ご存知でしたか?

 

「服喪中なのでおめでたい新年の挨拶を控えること」をお知らせするために送るのが喪中のハガキです。

 

喪中であると言う事を知らせるだけの訃報のはがきと思われがちでもあります。

 

でも、違うのです。

 

本来は「喪中のため、今年は新年のご挨拶を失礼させていただきます」という趣旨の挨拶状になるのです。

 

この点を勘違いしないように考えていきましょうね。

 

なので、喪中と言うのを知っている人には出さなくてもよいと言う考えとは違います。

喪中期間の心得とは

一般に、忌明けまでの期間(仏式で四十九日または三十五日、神式で五十日)を忌中と言います。

 

死後の一年間を喪中と言います。

 

喪中期間中は、身を慎しんでいく必要があります。

 

おめでたいことをしないというのが基本でもあります。

 

翌年のお正月は、しめ縄・門松・鏡餅などの正月飾りなどは飾りません。

 

また、おせち料理などの用意もしません。

 

喪に服すのが一般的となります。

 

また、神社への参拝や祭事への参加や初詣も慎しんでいくようにしましょう。

 

お中元やお歳暮は贈っても差し支えはありません。

 

でも、四十九日の忌明けが過ぎてからにしていくようにしましょう。

 

でも、お歳暮については、年末が押し迫っての忌明けとなる場合には年始に松の内が明けてから寒中見舞いとして贈るのは大丈夫です。

 

結婚披露宴や祝賀会などの慶事への出席は控えるのがマナーと言われています。

 

喪中の場合には先方へ喪中期間であることを伝えていきましょう。

 

事情を話して丁重にお断りするといいでしょう。

 

でも、最近では父母や子、同居の親族などが亡くなった場合を除き、本人の気持ち次第で慶事に出席する方も増えているようです。

 

忌中では、結婚式が決まっていても、日程をずらして行う人もいます。

 

一昔前まではしっかりと喪中の期間を考えて喪中の際に遺族は一年間、人と会わないという家もあったと言われています。

 

喪中ハガキはいつ出す?時期は?誰に出す?

喪中ハガキをいつ出すといいのでしょうか?

 

喪中ハガキは、相手が年賀状を準備する前の、10月下旬、11月初旬頃から遅くとも12月初旬には届くように用意するとよいでしょう。

 

10月下旬頃だとまだ早いかなとも思うので11月半ば頃に出すのがちょうどいいかなと思います。

 

先方が年賀状を投函した後に喪中はがきが届くことのないように気を付けましょう。

 

12月に入りだすとすでに年賀状を出してしまったと言う事もあるでしょう。

 

遅すぎないようにしましょう。

 

年賀特別郵便の取り扱いが始まる前までがマナーになります。

 

12月に不幸があって喪中はがきの準備が間に合わない場合は仕方がないですね。

 

焦らなくても大丈夫です。

 

年始に松の内が明けてから寒中見舞いで報告していくようにしましょう。

 

喪中はがきは、例年年賀状を出している方や葬儀に参列していただいた方にも送ります。

 

双方が喪中でもこちらが出す前に喪中はがきをいただいた場合にも出していきます。

 

仕事上のお付き合いで故人と面識のない方や、気遣いをさせたくない方には喪中は知らせなくてもいいのです。

 

例年どおり年賀状を送る場合もあります。

 

喪中ハガキを出す範囲は?

喪に服する近親者の範囲はどこまでなのでしょうか?

 

一般的に、自分を中心に一親等(父母・配偶者・子)、二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)の親族が亡くなったときになります。

 

1親等は親と子

 

2親等は祖父母・孫・兄弟姉妹

 

3親等は伯父(叔父)・伯母(叔母)・甥・姪・曽祖父母・曾孫

 

兄弟は2親等の血族、その奥様は2親等の姻族となります。

 

兄弟の子供は、3親等の血族です。

 

血族とはその名の通り血の繋がりのある親族です。

 

姻族とは血の繋がりのない義理の親族を言います。

 

3等身とは言っても付き合いの深さによっては喪に服しても問題ないです。

 

でも、それ以外でも喪に服したい意向がある場合は、喪中はがきを出してもいいのです。

 

基本的には、喪中とする本人の気持ちが一番です。

 

最近では同居しているかどうかで決める人もいるようです。

 

親戚や地方のしきたりによってもそれぞれ違うのでそれぞれの慣習に従いましょう。

 

年賀状について喪に服す期間は、一律一年間というのが通例となっています。

 

まとめ

喪中ハガキはその人によって考え方があるようです。

 

通常は1等身、2等身までではありますが、3等身までと言う方もいます。

 

また、同居しているのかしていないかで決めると言う方もいます。

 

これと言う決まりはないので個人の考えでいいです。

 

出す期間は、10月下旬から12月の初旬ごろがいいでしょう。

 

早すぎず遅すぎずです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報