七草粥はいつ食べるの?七草の意味

お正月は、おせち料理などたくさんのごちそうがありますよね。

 

食べたり飲んだりとついつい食べ過ぎてしまうのではないのでしょうか?

 

そんな疲れた胃を休める意味でも、七草粥を食べて食べていきます。

 

その七草には一つ一つ意味もあるのです。

 

いつ食べるのか、どんな意味があるのかをお話ししていきます。

スポンサーリンク

七草粥いつ食べる?

七草粥はいつ食べるのでしょうか?

 

七草粥は1月7日に食べていきます。

 

七草粥は、1月7日の朝食に食べましょう。

 

七草粥の正しい行事のやり方と言うのはどうなのでしょうか?

 

前日の1月6日の夜のうちに七草をまな板の上で包丁を使い細かく刻んでおきます。

 

翌日朝1月7日朝に粥を作って朝食として食べるのが正しい行事の食べ方と言います。

 

七草粥は、昔から1月7日の朝に食べる事が縁起が良いとされていていました。

 

1月7日は、人日の日とも言います。

 

他にも1月7日(人日の日)は、無病息災を願う日でもあります。

 

また、邪気払いをする日とも言われています。

 

七草粥は、お正月で、おせち料理のごちそうや祝膳や祝酒で食べすぎて疲れた胃腸を休ませる日でもあります。

 

食べ過ぎて疲れた胃を休める意味を込めてお粥を食べる日でもあるのです。

 

七草粥の意味

お正月に入り、おせち料理など家族みんなで食べる事と思います。

 

お正月の後に胃を休めると言う意味でもある七草粥を食べる人も多い事でしょう。

 

七草粥は、平安時代から伝わる行事でもあります。

 

まずは、神様に供えてから家族みんなで七草粥を食べていきます。

 

その年の一年の無病息災と五穀豊穣を祈るものとされています。

 

お正月には家族や親せきが集まりお酒を飲んだり食べたりする機会が増える方多いかと思います。

 

七草粥は、春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で作っていきます。

 

なので祝膳や祝酒で弱った胃を休めると言う意味も含まれています。

 

七草粥の中にはその名の通り7種類の草を入れていきます。

 

それが春の七草です。

 

・セリ(芹)

・ナズナ(薺):ペンペン草

 

・ゴギョウ(御形):母子草

 

・ハコベラ(繁縷):ハコベ

 

・ホトケノザ(仏の座):田平子

 

・スズナ(菘・鈴菜):カブ

 

・スズシロ(蘿蔔・清白):大根

 

七草粥の具材になる「春の七草」は知っていますか?

 

子供の頃に

 

「せりなずなごぎょうはこべら・・・・・」

 

などと覚えた記憶があるのではないのでしょうか。

 

七草の中には、現代で使わなくなった呼び名もあります。

 

これって何だろうと言う草もあるかもしれません。

 

それぞれの草の意味や効果などお話ししていきます。

 

芹(せり)

 

「競り勝つ」と言う意味があります。

 

解熱効果や胃を丈夫にする効果や整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。

 

薺(なずな)

 

「撫でて汚れを除く」

 

別名をぺんぺん草といいます。

 

利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。

 

御形(ごぎょう)

 

「仏体」

 

母子草(ハハコグサ)のことを言います。

 

痰や咳に効果があるとされています。

 

のどの痛みもやわらげてくれます。

 

繁縷(はこべら)

 

「反映がはびこる」

 

はこべとも呼ばれています。

 

昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。

 

歯槽膿漏にも効果があるとされています。

 

仏の座(ほとけのざ)

 

「仏の安座」

 

一般的に、子鬼田平子(こおにたびらこ)を指しています。

 

胃を健康にしていき食欲増進、歯痛にも効果があるとされています。

 

菘(すずな)

 

「神を呼ぶ鈴」

 

蕪(かぶ)のことです。

 

胃腸を整えて消化を促進します。

 

しもやけやそばかすにも効果があるとされています。

 

蘿蔔(すずしろ)

 

「汚れのない清白」

 

皆さんがご存知の大根のことです。

 

風邪予防や美肌効果に優れているとされています。

 

七草粥を調理していく時には、菘と蘿蔔は葉の部分を、薺は花芽を持つ前の若芽を利用していきます。

 

七草粥はお正月の料理で疲れた胃を休めていきます。

 

そして、七草には体にいい効果がたくさん含まれています。

 

まとめ

七草粥の意味をよく知り1月7日の松の内に食べていくといいでしょう。

 

意味もあり、お正月の疲れた胃を休めてくれる事でしょう。

 

七草を子供と言ってみたり覚えて一つ一つの意味を話したりして知識として知っておくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報