コーヒーを飲むと便通が良くなるの?便秘の人、必見!

コーヒーを飲むと便通が良くなると聞いた事がありませんか?

 

それって本当なのでしょうか?

 

私もコーヒーを飲みますが、飲んだ後に便が出ることがあります。

 

コーヒーを飲むと便通が良くなるのでししょうか?

 

また、便通が良くなるというのは何かコーヒーの成分で影響しているものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

カフェインの影響

実際に私もコーヒーを飲むと便通が良くなるので、やはりコーヒーって便通にいいのかと思ってしまいます。

 

どうしてコーヒーが便秘に効果的だといわれるのか。

 

それにはやはり理由があるようです。

 

理由の中で考えられるのは、コーヒーの代表的な成分「カフェイン」の存在なのではないのでしょうか?

 

カフェインの成分で便通が良くなることが考えられます。

 

カフェインには大腸の収縮を助け、胃の働きを活発にする効果があります。

 

そのためにコーヒーを飲むとカフェインの効果で消化が良くなるのです。

 

というわけで便秘の症状を改善できるのです。

 

毎朝1杯のコーヒーを飲むことでカフェインの成分でほどよく大腸を刺激してくれます。

 

そして、便通を促すことができるでしょう。

 

私も毎朝、コーヒーを1杯飲んでいます。

 

食後にはいつもトイレに行きたくなります。

 

コーヒー杯にはどのくらいのカフェインが含まれているのでしょうか。

 

コーヒー1杯に含まれているカフェインの量は1杯100mlに対して40mgと言われています。

 

カフェインの他に考えられる便通を良くするものとしてオリゴ糖の影響も考えられます。

「コーヒーオリゴ糖」の存在も、コーヒーが便秘によいと言われる理由のひとつなのです。

 

コーヒーオリゴ糖はコーヒー豆のカスから抽出できています。

 

砂糖よりもカロリーが低いです。

 

オリゴ糖は、コーヒーの甘味料として用いられています。

 

コーヒーに入れることで、味がより深くなるのです。

 

オリゴ糖を知っているという人は多いのではないのでしょうか?

 

コーヒーオリゴ糖は腸内にいる善玉菌のエサとなって腸内の働きを活発にしてくれます。

 

便秘症状の改善を手助けします。

 

便秘症の人にはコーヒーを飲むことで腸を刺激していくので腸内環境を活発にしてくれます。

 

コーヒーを飲むことで便を出すように促してくれるのです。

コーヒーで生じる問題

コーヒーは便通に良いとは言ってもいいことばかりでもないでしょう。

 

コーヒーを飲むことで悪影響になることもいくつか生じてくることがあります。

 

その場合には飲むのを控えた方がいいです。

 

私も前はコーヒーを飲んで気持ちが悪くなることがありました。

 

コーヒーを飲むことで起きる症状、問題も実はあるのです。

 

・胃もたれ

 

・胃痛

 

・胸焼け

 

・吐き気

胃の痛みや胸焼けなどは、カフェインの影響でもあるようです。

 

胃液を過剰に分泌させるためにおきる現象なのです。

 

朝起きてすぐにコーヒーを飲むのもやめたほうがいいのです。

 

というのは、朝一というのは、空腹だからです。

コーヒーを空腹時に飲むのは避けたほうが良いです。

 

私も前にコーヒーを飲んで気持ちが悪くなったのは空腹だったというのが考えられます。

 

コーヒーによる便意、お腹壊す、尿意もあります。

 

煙草を吸ってコーヒーを飲むと便意があるという人も聞いたことがあります。

便意や尿意は気のせいでもないようです。

 

煙草にコーヒーってなんだかめちゃくちゃ体に悪そうですけどね。

 

煙草は確かに体に悪影響です。

動悸や気持ち悪さ、めまいはコーヒが原因?

コーヒーを飲んで動悸や気持ち悪さ、めまいが生じるという人もいるでしょう。

 

それには理由があります。

 

コーヒーではなくカフェインが原因でもあるのです。

 

動悸、気持ち悪い、めまいはカフェインによるのです。

気持ち悪くなるのは、カフェインによる、脳の神経の興奮が原因ともいわれています。

コーヒーの肝臓、腎臓への影響は?

コーヒーは肝臓や腎臓に何か影響を及ぼしてしまうのでしょうか?

コーヒーの抗酸化作用は、悪いものではありません。

 

肝臓は、食べ物を吸収できるよう変化させたり、毒物を分解する

 

逆に肝臓に良い影響を及ぼします。

でも、腎臓が弱っている時にコーヒーを飲むのは良くないと言われています。

腎臓は、老廃物や水分の排出をするところです。コーヒーはあまりよくありません。

 

コーヒーを飲むと眠れない?

コーヒーを飲むと眠れなくなると言われています。

眠気が消えるとよく言われます。

 

コーヒーを飲むと眠れないのは、カフェインによる覚醒のためなのです。

カフェインで人により症状が違います。

 

効き方によってコーヒーの量を調整していくといいでしょう。

 

まとめ

コーヒーを飲むことで腸が刺激されます。

 

腸が刺激されることで胃の働きも良くなるので便通が促されていきます。

 

コーヒーが体に合わない人も中にはいます。

 

また、逆に悪影響を及ぼすという人もいるかもしれません。

 

また、1日に何杯も飲むというのは体にあまりよくないようです。2~3杯くらいがいいようです。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報