おはぎとぼたもちの違いは何?

おはぎってあんこやきな粉にからめて美味しいですよね。

 

あなたはどっちが好きですか?

 

好みも色々ありますよね。おはぎと言う他にぼたもちとも言います。

 

おはぎとぼたもちって何か違うのでしょうか?

 

ここではおはぎとぼたもちの違いをお話ししていきます。

スポンサーリンク

 

おはぎとぼたもちの違いって何?

おはぎとも言いますが、ぼたもちとも言うのですが、呼び名が違うだけでおはぎとぼたもちって何か違うのでしょうか?

 

おはぎとぼたもちの違いって何でしょうか?

 

「おはぎ好き!」

 

って言う人も多いです。

 

と言うのはお彼岸になると我が家ではおはぎを作ります。

 

そのことを友達に言うと

 

「おはぎいいな~」

 

と言われます。

 

逆におはぎのあんこが苦手と言う人もいます。

 

おはぎとぼたもちの違いって何かあるのでしょうか?

 

この二つの違い・・・・・・・・

 

呼び名が違うだけでどちらも同じなのです。

 

「やっぱり!!」

 

ってなりますね。

 

とは言っても違いがないと言うわけではないのです。

 

その時期によって呼び名が違うだけのようでもあります。

 

 

呼び名がそれぞれ変わると言うわけです。

 

時期によっておはぎと言ったりぼたもちと言ったりします。

 

春のお彼岸や秋のお彼岸で呼び名が違うのです。

 

春のお彼岸:ぼたもち

 

秋のお彼岸:おはぎ

 

春のお彼岸はぼたもちとか秋のお彼岸はおはぎと言うように区別をしていっている人ってなかなかいないのではないのでしょうかね。

 

それぞれ、季節ごとにぼたもちやおはぎだけではなくて言い方が違うのです。

 

春夏秋冬であるのです。

 

 

春=「牡丹餅」(ぼたもち)

 

餡この様子を春の花牡丹に見立てたことに由来

 

夏=「夜船」(よふね)

 

搗く(つく)音がしないため何時ついたのか分からないという言葉遊びから

 

秋=「御萩」(おはぎ)

 

餡この様子を秋の花萩に見立てたことに由来

 

冬=「北窓」(きたまど)

 

何時ついたか分からない→月知らず→北側の窓という言葉遊びから

 

 

おはぎとぼたもちの由来について

おはぎとぼたもちの由来があります。

 

日本では古来から小豆に邪気を祓うという言い伝えがありました。

 

小豆の効果があると信じられていたのです。

 

と言うわけで、小豆を神棚や仏壇にお供えするものだったと言います。

 

そんな言い伝えがあった事から小豆であんこを作っておはぎにしていくようになりました。

 

邪気を祓うと言う効果が言い伝えられていたことからおはぎ・ぼたもちを食べるようになったのです。

 

小豆の餡で包んだ餅をお彼岸や四十九日で食べるようになりました。

 

邪気を祓う食べ物として言い伝えられています。

 

江戸時代以前は今のように砂糖はありませんでした。

 

なので、今のような甘さはなくてもち米と小豆を一緒に炊くだけでした。

 

砂糖は、明治以降に普及されました。

 

その後に砂糖が使われるようになったのです。

 

おはぎの作り方

おはぎの作り方についてです。

 

おはぎの作り方ですが、思っているほどは難しくありません。

 

材料

おはぎの材料

 

材料

・もち米 2合

・白米 1/2合

・水 白ご飯を炊く量(2.5合)

・小豆 250g

・砂糖 230g

・塩 少々

・きな粉 適量

・砂糖 適量

・塩 少々

 

作り方

おはぎ・ぼたもちの作り方です。

 

・もち米と白米を洗う

・水を加えて30分程放置し炊いていく

・鍋に小豆を入れ水に浸す

・火にかける

・沸騰したらお湯を捨てる

・もう一度水を加える

・沸騰したらお湯を捨てる

・小豆の5倍程度の水を入れる

・沸騰したら弱火にして小豆が柔らかくなるまで茹でる

・お湯を捨てて砂糖を3回に分けて入れて混ぜる

・全体がぼたっとなるまで煮ていく

・塩で味を整える

・炊きあがったお米を熱いうちにすりこぎで潰す

・お餅を丸めていく

・餡で包んでいく

・お餅にきな粉をまぶす

 

あんこは布巾を使って包んでいきました。

 

布巾にあんこをのせてその上にお米をのせて巻いていきます。

 

お米が見えなくなるようにうまく包んでいきます。

 

やり始めると楽しいです。

 

まとめ

おはぎとぼたもちの違いはとくにはありませんが、季節ごとに呼び方が違うのです。

 

春夏秋冬と呼び名が違うのです。

 

春=「牡丹餅」(ぼたもち)

餡この様子を春の花牡丹に見立てたことに由来

夏=「夜船」(よふね)

搗く(つく)音がしないため何時ついたのか分からないという言葉遊びから

秋=「御萩」(おはぎ)

餡この様子を秋の花萩に見立てたことに由来

冬=「北窓」(きたまど)

何時ついたか分からない→月知らず→北側の窓という言葉遊びから

 

このように時期によって呼び名が変わりますが、実際には中身は変わりません。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報