ポカリスエットとアクエリアスの違いと成分

ポカリスエットとアクエリアスの違いと成分についてお話ししていきます。

 

ポカリスエットとアクエリアスと言うのは、暑い夏によく飲みますよね。

 

また、体調が悪い時や熱中症にも効果があるとは言います。

 

熱中症にいいとか熱が出た時にいいとか色々と聞く事はあるのではないのでしょうか?

 

でも、ポカリスエットとアクエリアスどちらを飲んだ方がいいのか迷う方もいるでしょう。

スポンサーリンク

 

ポカリスエットとアクエリアスについて

ポカリスエットとアクエリアスの共通点や違いがあります。

 

ポカリスエットとアクエリアスの共通点は、ポカリスエットもアクエリアスも共に発汗により失われた水分・イオンをスムーズに補給する健康飲料です。

 

ポカリスエットの成分

ポカリスエットの成分です。

 

・砂糖

 

・ブドウ糖果糖液糖

 

・果汁

 

・食塩

 

・酸味料

 

・ビタミンC

 

・塩化K

 

・乳酸Ca

 

・アミノ酸

 

・塩化Mg

 

・香料

 

ポカリスエットの原材料

ポカリスエットの原料です。

 

原材料は、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)です。

 

100ml当りの栄養成分表示は、エネルギー 25kcal、タンパク質 0g、脂質 0g、炭水化物 6.2g、カリウム 20mg、カルシウム 2mg、マグネシウム 0.6mgとなっています。

 

飲む点滴とも言われているのがポカリスエットなのです。

 

ポカリスエットは、体液と近くなるように配合されています。

 

「ポカリスエット」は、1980年に大塚製薬が発売しました。

 

販売から現在も販売中のロングセラー清涼飲料水です。

 

ポカリスエットと言えば多くの人が1度は飲んだことがあるのではないのでしょうか。

 

開発における商品コンセプトは「飲む点滴」と言われています。

 

ヒトの体液に含まれる7種類のイオンを含有しています。

 

「アルカリイオン飲料」

 

「アイソトニック飲料」

 

「リフレシュメント・ ウォーター」

 

をキャッチコピーとしていると言います。

 

そのキャッチコピーを替えながら現在は「イオンサプライドリンク」というキャッチフレーズが使われています。

 

アクエリアスの成分

アクエリアスの成分です。

 

・果糖ブドウ糖液糖

 

・塩化Na

 

・クエン酸

 

・香料

 

・クエン酸Na

 

・アルギニン

 

・塩化K

 

・硫酸Mg

 

・乳酸Ca

 

・ビタミンC

 

・甘味料

 

・イソロイシン

 

・リン

 

・ロイシン

 

アクエリアスの原材料

アクエリアスの原材料です。

 

「アクエリアス」の原材料は、果糖ぶどう糖液糖、塩化Na、クエン酸、香料、クエン酸Na、アルギニン、塩化K、硫酸Mg、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシンです。

 

100ml当りの栄養成分表示は、エネルギー 19kcal、タンパク質 0g、脂質 0g、炭水化物 4.7g、ナトリウム 40mg、カリウム 8mg、マグネシウム 1.2mg、アルギニン 25mg、イソロイシン 1mg、バリン 1mg、ロイシン 0.5mgとなっています。

 

熱中症に効果があるのはナトリウム、カリウム、マグネシウム。

 

熱中症ではミネラル成分を摂ることが大切になります。

 

ナトリウム、カリウムだけを比較するとポカリスエットの方が量が多いです。

 

でも、マグネシウムはアクエリアスの方が高いです。

 

どちらも必要な成分は含まれているので熱中症対策として摂取するのであればどちらも効果があると言えます。

 

もしも熱中症になってしまい、倒れてしまった場合はポカリスエットの方がおすすめです。

 

弱ってる時:ポカリスエット

激しい運動の後:アクエリアス

 

「アクエリアス」は、1983年に日本コカ・コーラ株式会社が発売しました。

 

現在も販売中のロングセラー清涼飲料水です。

 

当時ヒットしていた「ポカリスエット」に対抗する商品として発売されました。

 

味は?

味に関しては個人の好みや感覚の違いにもあるでしょう。

 

「ポカリスエット」に比較して「アクエリアス」は甘さ控えめでさっぱりしていると言われることが多いです。

 

体調不良の場合など、医師から水分補給や栄養補給ですすめられることが多いのは糖分が多くエネルギーや炭水化物の多い「ポカリスエット」です。

 

子供が胃腸炎などで病院に行った時にすすめられたのはポカリスエットです。

 

もっと胃腸炎や熱中症な度で効果があるのはOS1ではありますけどね。

 

ポカリスエットとアクエリアスの違いは?

同じようなスポーツドリンクではありますが、ポカリスエットとアクエリアスには違いがあります。

 

ポカリスエット:体調が悪いときの栄養補給

 

アクエリアス:運動後の疲労回復

 

という違いです。

 

体調が悪い時にはポカリスエットがいいでしょう。

 

運動後にはアクエリアスがいいです。

 

ポカリスエットは点滴と同じ成分であり、飲む点滴とも言われているものです。

 

点滴は水分や塩分、栄養分を送るのでそれを飲みやすいように作られたのがポカリスエットです。

 

点滴と同じ成分なので風邪をひいて脱水したときや、食欲が無いときには最適でもあります。

 

体液にも近いのです。

水分、栄養補給をするために効果があります。

 

アクエリアスは、運動後の疲労回復に効果的と言います。

アミノ酸やクエン酸が含まれてる事にありよくスポーツ等をしていて休憩時間などにいいでしょう。

 

クエン酸とアミノ酸の両方が入っているアクエリアスには疲労回復効果があります。

 

熱中症対策に効果があるのはどっち?

ポカリスエットとアクエリアスとではどちらの方が熱中症対策に効果があるのでしょうか?

 

どちらなのかと言うとポカリスエットのほうが効果があります。

 

その理由と言うのは、アクエリアスよりもポカリスエットの方がナトリウムが多く含まれています。塩分ですね。

 

ポカリスエットは風邪で脱水したときの栄養補給するための飲み物として作られてるので熱中症にもいいと言うわけなのです。

 

まとめ

ポカリスエットとアクエリアスの違いがあります。

 

ポカリスエット:体調が悪いときの栄養補給

 

アクエリアス:運動後の疲労回復

ポカリスエットは、夏の暑い日に汗で脱水したときにも効果的なのです。

 

運動するときにはまずはアクエリアスがいいでしょう。

 

でも、体調が悪かったり熱中症になった時にはポカリスエットがいいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報