大葉としその違いは?青じそは?

大葉とかしそとか紫蘇とか言いますが、これって同じなのでしょうか?

 

青じそとも言います。

 

言い方が違うだけなのでしょうか。

 

大葉とかしその違いについてお話ししていきます。

スポンサーリンク

大葉としその名前の由来

しそには言い方がいくつかあるのか種類が違うのか色々とあります。

 

なぜしそは、青じそとか大葉という二通りの呼び名が定着してしまったのでしょう。

 

同じ食べ物なのに、どうして名前が違うのかわかりませんよね。

 

「大葉」

 

と料理の本に書いてあれば大葉を探し

 

「青じそ」

 

と書いてあれば青じそを探すのか・・・・・

 

これはどうして呼び名がいくつかあるのでしょうか?

 

調べてみると、この大葉という名前は、商品名から広まったようです。

 

それが大葉とか青じそとかと言う名前の言い方の由来と言います。

 

大葉としそ、青じその違い

大葉としそ、青じそという似た者同士で同じなのか違うのかと考えることでしょうが、実は同じものなのです。

 

名前は違うものの、大葉としそや青じその「葉」のことを指しているのです。

 

これは、両者に違いはありません。

 

どちらも同じものを言います。

 

大葉は青じその別名というだけです。

 

大葉 = 青じそ

 

青じそ = 大葉

 

大葉=しそ

 

なのです。

 

ということで、料理のレシピで青じそと書かれていたら大葉でいいのです。

 

スーパーで大葉を買ってきて使っても同じなのです。

 

しそとは?

「しそ(紫蘇)」とは、シソ科シソ属の植物の総称のことをいいます。

 

中でも食用とされる「赤じそ」と「青じそ」のことを指すのが一般的です。

 

赤じそは、全体が赤紫です。

 

主に梅干しや紅生姜、柴漬けなどの着色に使用されてとてもきれいな色を出します。

 

乾燥させた葉は香辛料としても使われています。

 

青じそは、全体が緑色になっているものです。

 

赤紫蘇よりも多く使うのではないのでしょうかね。

 

香りがとてもいいです。

 

若葉を香味野菜として刺身のつまや天ぷらにしても美味しいです。

 

刻んで薬味としても食べられています。

 

青じそには色々と料理に使う事ができます。

 

薬効成分が多いのは赤紫蘇でです。

 

栄養価が高いのは青じそです。

 

薬効効果=赤紫蘇

 

栄養価=青じそ

 

赤じそは生だと日持ちはしません。

 

赤じそが出回るのは梅干を漬ける6月頃だけです。

 

青じそは1年中売っています。

 

勿論、季節によって価格も違うでしょう。

 

青じそは主な産地では温室栽培が行われています。

 

通年安定して出荷されています。

 

なので、いつでも新鮮なものがスーパーで手に入るのです。

 

庭でも苗を植えておくだけで簡単に出来ます。

 

勝手に?どんどん大きくなり美味しいしそができます。

 

なぜ青じそを大葉と呼ぶのか

青じそが大葉と呼ばれるようになった理由はなぜでしょうか?

 

それは、青じその「芽」や「穂」と区別するためでもあるのです。

 

和食屋さんやお寿司屋さんでお刺身やお造りを頼んでいくと小さな植物の葉が添えられているのを見たことがあるのではないのでしょうか?

 

その小さな葉は青じその「芽」です。

 

「穂」の部分は「穂じそ」と呼ばれています。

 

穂じそも薬味や飾りとして料理に使われます。

 

青じそは様々な部位が料理として使われ重宝されています。

 

出荷側は青じそを販売する際に、「芽」や「穂」と「葉」の区別が必要になったわけです。

 

青じその「芽」や「穂」と区別するために呼び方も違うのでしょう。

 

大葉の由来

大葉になった由来は何でしょうか?

 

1961年(昭和36年)、静岡県の生産組合が、青じその葉を束ねて大阪の市場に出荷しました。

 

この時にしそを販売するために考えられた商品名を「大葉」と言っていました。

 

これがきっかけで豊橋でも大葉という名前で出荷を開始したと言います。

 

その売れ行きが良かったことから、東京市場にも出荷されるようになりました。

 

この「大葉」と言う名前の青じそは流通量を増やしていきます。

 

その後、大葉という呼び方が一般的に広く浸透していきました。

 

そして、今のように青じその葉のことを大葉と呼ぶようになったのです。

 

まとめ

大葉としそや青じそと言うのは言い方が違いますが、実際は同じと言う事です。

 

1961年(昭和36年)、静岡県の生産組合が、青じその葉を束ねて大阪の市場に出荷した時に「大葉」として売り出してから売れるようになったと言います。

 

しそは色々な料理に使えて薬味としてもいいですよね。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報