2019年の10連休で学校はどうなるの?

2019年のゴールデンウイークは10連休と決まりました。

 

こんなに長い休日となると学校はどうなるのでしょうか?

 

お休みが長すぎて困ってしまう人も多いのではないのでしょうか?

 

10連休で喜んでいる人もいることでしょう。10連休中の休みの理由はどんな祝日なのかなどお話していきます。

スポンサーリンク

 

2019年の10連休

2019年の10連休はどんな休みがあるのでしょうか?

 

休みは次のような内容になっています。

 

 

2019年の10連休

 

4月27日(土) 土曜日

 

4月28日(日) 日曜日

 

4月29日(月) 昭和の日

 

4月30日(火) 今上天皇陛下退位の日

 

5月1日(水) 新天皇即位の日

 

5月2日(木) (祝日に挟まれているため、休日)

 

5月3日(金) 憲法記念日

 

5月4日(土) みどりの日

 

5月5日(日) こどもの日

 

5月6日(月) (振替休日)

 

GW中の「祝日」の意味は?

4月29日は、「昭和の日」となっています。

 

2007年からスタートになりましたが、2006年までは「みどりの日」でした。

1988年(昭和最後の年)までは「天皇(昭和天皇)誕生日」でした。

 

5月3日は、憲法記念日です。

日本国憲法の施行(1946年11月3日公布、翌1947年施行)の記念日です。

 

5月4日は、みどりの日です。

2007年に4月29日が「昭和の日」へ変更された時に日付移動で新設されました。

 

5月5日は、こどもの日です。

 

今年は大きな意味のある年となり、

 

4月30日(火) 今上天皇陛下退位の日

5月1日(水) 新天皇即位の日

 

となっています。

 

10連休で学校は?

2019年に10連休となり学校はどうなるのでしょうか?

 

学校の祝日は、カレンダー通りの祝日となります。

 

土曜日もお休みの学校が多い事でしょう。

 

なので、合わせていくと最大で10連休と言う学校も多いのではないのでしょうか。

 

せっかく4月から新しい環境となり慣れてきたのに10連休となると大変ですね。

 

休み明けからまた新たな気持ちでとなるのではないのでしょうかね。

 

でも、天皇の退位、即位と言う大きな意味のある年で、10連休にもなっているので大事に考えたいです。

10連休で影響を受ける人

現在の皇太子が即位するに伴って早くから10連休になるかどうかが話題になっていましたが10連休になると決まりました。

2019年のゴールデンウィークが10連休が決定になりました。

 

もともと大型連休を取っている人もいることでしょう。

なのでそんなに大騒ぎするほどでもなくさほど影響がないのかもしれないです。

でも、普段あまり連休がない人もいることでしょう。

職種や子供が小さい家庭や母子家庭など子供の休みが長いと大変に思う家庭も多いのではないのでしょうか?

今から憂鬱だとか10連休が迷惑だと考える人もいるのではないのでしょうかね。

 

小学生になると学童保育もあるのですが、保育園は休園と言うところも多いでしょう。

 

学童は、保育園より時間が短かったりもします。

祝日は学童保育もお休みの所が多いです。

 

そうなるとどうなるのでしょうか?

 

一時保育をしている保育園も出てきています。

 

祖父母が近くにいたり祖父母と同居しているとサポートをしてくれることがあるかもしれません。

でも、祖父母が遠かったり支援してもらえないというように祖父母の協力ができる家庭ばかりではありませんよね。

 

2019年の10連休という事でゴールデンウイークまでに色々と問題点が出てきたり考えていかなくてはいけない方もいることでしょう。

保育園や学童保育など、10連休に合わせて対応を考えているのではないのでしょうか。

 

その10連休に見合った対応を検討されるところも出てくるかもしれません。

 

保育園や学校は、暦通りの通園・通学となります。

2019年のカレンダーでは完全休日になります。

 

個人的には10連休はとても嬉しいのですが、どうしようと困る方も多いのではないのでしょうかね。

 

仕事があるという人もいるでしょう。

 

そうしたら子供はどうしようとなりますよね。

10日連続で休むとなると、どうなるのでしょうかね。

 

小学生も入学して1年生はせっかく少し慣れたのにとなります。

 

それが10連休も入るとどうなっちゃうのでしょうかね。

 

生活のペースなんかも狂ってしまう事でしょう。

生活ペースを戻すのも大変です。

 

病院などは?

10連休の休みになると体調を崩してしまう人も出てくるでしょう。

 

子育て家庭としては、小児科の診察がどのようになるのかという事で心配している方もいるでしょう。

休日診療ってすごい混雑してしまいますよね。

 

医療機関が人手不足になる可能性があります。

でも、やはり体調が悪い時には休日診療を利用していくしかないですね。

 

病院も10連休で医療難民が増えてしまうなんて言う心配もあるでしょう。

 

前に子供が12月31日に高熱を出して休日診療に行ったことがあります。

 

「ここで年を越すかな・・・・」

 

なんて思うほど混んでました(-_-;)

普段も混雑している病院が、どこの病院も10連休になったら休日診療はすごい事になるのではないのでしょうかね。

 

土曜日の午前中診療している病院なら、4月27日土曜日の午前中は開いているでしょう。

でも、その後は5月6日までお休みかもしれません。

ゴールデンウイークに備えてかかりつけの病院に診療日の予定をたずねた方がいいでしょう。

また、近くの夜間・休日診療を調べておきましょう。

特に、小さなお子さんはいつ具合が悪くなるか分からないのでチェックしておくといいでしょう。

 

まとめ

2019年の10連休で色々と混乱は起きそうな気もします。

 

学校は、カレンダー通りなのですべて休みになる事でしょう。

 

働いている人は、連休中も仕事かもしれません。

 

10連休中に心配な事や子供の預け先など今から割り出してみて確認して一つ一つ解決していくといいでしょう。

スポンサーリンク

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
タグ
メタ情報